このエントリーをはてなブックマークに追加

性別で異なる?女性の薄毛の原因と対策とは

女性の薄毛は、男性とは症状も原因も異なるものです。「ちょっと気になってきた」、と思う女性のために、女性特有の薄毛の症状や原因、対策をご紹介します。これから必要となるヘアケアをつかんでおきましょう。

女性特有の薄毛の症状と原因

男性の薄毛は、男性ホルモンの増加が原因で髪が産毛のように細くなり、それが抜け落ち、終いには髪が生えなくなってしまうのが一般的な症状です。女性の場合は症状が男性と異なり、主に次の6つのパターンに分けられます。

1.びまん性脱毛症

頭髪全体の髪が均等に脱毛して毛髪が全体的に薄くなるもので、40代以降の女性によく見られます。頭髪全体が均等に脱毛するのが特徴です。原因は老化やストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアなどがあげられます。

2.牽引(けんいん)性脱毛症

髪の長い女性に起きやすい脱毛症です。ポニーテールやアップヘアなどで、髪の毛を長時間引っ張る状態が続くと、頭皮に負担がかかり薄毛となることがあります。髪の分け目が薄毛となりやすい症状です。

3.脂漏(しろう)性脱毛症

皮脂の過剰分泌で引き起こされる脱毛症です。毛根が赤く腫れ、髪が抜け落ちてしまいます。定期的にシャンプーをしなかったり、頭皮に合わないシャンプーを使ったり、すすぎが不十分だと、皮脂が過剰分泌され、皮脂が毛根をふさぎ、髪の成長を妨ぐため薄毛になるのです。

4.粃糠(ひこう)性脱毛症

フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、髪が成長しなくなることで薄毛になる現象です。シャンプーが肌に合わなかったり、むやみに洗うことで頭皮を痛めてしまうことが原因。頭頂部の頭皮が目立ってくるようになります。

5.円形脱毛症

突然髪の毛の一部、または数カ所が抜けてしまい、円形に脱毛する現象です。場合によっては頭髪の一部だけでなく、全体または全身の毛が抜けることもあります。リンパ球の働きの異常によって起きる自己免疫疾患が原因と考えられ、ストレスやアレルギー疾患などがきっかけとなります。

6.分娩後脱毛症

妊娠中に、お腹の子どもに栄養を取られ、妊娠後期になると、排卵の準備を行うホルモンであるエストロゲンなどの女性ホルモンが増加します。そのため、成長期であった頭髪が、出産後に休止期に入ってしまい、薄毛となる症状です。

女性の薄毛対策

薄毛の改善のためには、次のような対策を心がけてみましょう。

頭皮をしっかりとマッサージ

薄毛の改善に効果的なのは、頭皮の血行を良くすることです。シャンプーのときに指の腹で頭皮をつかむようにして、ゆっくりと上下に頭皮を動かしてみましょう。このときに、頭皮をゴシゴシとこすらないように注意して下さい。

シャンプーを変えてみる

シャンプーは髪質や薄毛の状態によって、自分に合ったものを選ぶことを意識してください。どのようなシャンプーが合っているのかは、美容師さんや皮膚科などの専門家に相談するといいでしょう。

適度な運動でホルモンバランスを整える

女性特有のホルモンバランスの狂いが薄毛に影響します。ホルモンバランスを整えるためには、適度に運動を行い、全身の細胞を活性化させてみましょう。早起きをして朝日を浴びるというのも、効果が見込めます。

育毛剤も使ってみよう

薄毛対策としては、育毛剤の使用は効果的です。男性はホルモンが原因のため薄毛になることが多いのですが、女性は頭皮の状態を最適に保つことで薄毛予防につながるため、男性よりも治りやすいといわれています。

BUBKAは男性用育毛剤ですが、頭皮の状態を最適に保つための有効成分を独自開発しています。そのため、女性が使っても大丈夫な有効成分が配合されています。ぜひ、ご自分の髪への投資として、BUBKAをご利用ください。

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛の限界に挑戦し続けるBUBKAの育毛剤

2016年12月2日  by bubka-press

関連する記事