このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の変わり目は抜け毛が多くなる季節

季節の変わり目は抜け毛が多くなる季節

抜け毛が増えると、男性型脱毛症(AGA)の発症を疑う方が多いと思いますが、短期間のうちに大量の髪の毛が抜けるようであれば、原因は他にあるかも知れません。

その一つが、季節の変わり目の抜け毛。今回は、季節の変わりに抜け毛が増えるメカニズムとその対策について、詳しく説明していきます。

人の髪の毛は1日に50~100本抜ける

私たちの髪の毛は、一般的に1日に50~100本抜けていきますが、これを「自然脱毛」といいます。自然脱毛は私たち1人1人に必ず起こる現象であり、何ら異常なことではありません。髪の毛には、発毛・成長・退行・休止というヘアサイクルが存在します。つまり、一定の周期で髪の毛が生え変わっているのです。

しかし、中には1日に異常な量の髪の毛が抜ける方もいます。これを異常脱毛といいます。ひどい場合は、1日に1000本抜けることもあり、洗面所の排水溝を見ればすぐにわかります。早急に原因を突き止め、対策を練りましょう。

髪の毛が抜けやすい季節

髪が抜けやすい時期はあるのか?季節ごとの抜け毛の原因を見ていきましょう。

春は始まりの季節と言われます。新しい学校、新しい職場、環境がガラリと変わり、精神的にストレスが溜まる季節です。新社会人などは、初めての1人暮らしで食生活が急激に悪くなり、抜け毛を引き起こすこともあります。

暴飲暴食や夏バテによる食欲減退で、身体の代謝機能が急激に落ちてしまう夏。汗や皮脂の分泌増加や紫外線による頭皮のダメージなど、頭皮環境も悪くなりがちな季節です。食生活を整えて、頭皮環境を良好に保ちましょう。

抜け毛の数が最も増える可能性があるのが秋だとされています。その理由は主に2つ。1つ目が髪の毛母細胞が入れ替わる時期だということ。2つ目は、夏の髪への紫外線のダメージが時間差で現れる時期ということ。

1年のうち、最も頭皮が乾燥する季節です。頭皮が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されてしまうので、頭皮環境が悪化してしまいます。

季節の変わり目に髪が抜けやすいのは事実

前述した通り、秋口の抜け毛が、1年を通して最も多くなります。原因として、夏の紫外線のダメージや食生活の乱れによる内臓や代謝機能の低下の影響が、時間差で現れるからだと言われています。

秋の抜け毛は、気候の変化が原因というより、日ごろの食事や生活スタイルに主な原因がありそうです。つまり、日ごろの食生活などに気を付けていれば、ある程度は抜け毛を減らすことも可能なのです。

季節の変わり目の抜け毛対策

季節の変わり目の抜け毛対策をいくつかご紹介したいと思います。

まず、夏の紫外線による頭皮へのダメージを緩和すること。日ごろから洗髪の際は、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

また、お風呂上がりには、炎症を抑える育毛剤を使って頭皮マッサージをするのもおすすめです。食生活や睡眠にも普段から気をつけましょう。

日ごろの頭皮ケアをしっかり行いましょう

抜け毛の原因は季節ごとに様々です。季節によって変わる抜け毛の原因を把握し、しっかり予防しましょう。特に、夏から秋の季節の変わり目には要注意です。夏には食生活が乱れやすく、身体の各機能が低下してしまいます。

紫外線によるダメージが髪の毛に蓄積されて、抜け毛が増えることもあります。夏に蓄積したダメージを解消するためには、ダメージを修復するためのケアが必要です。頭皮は常にダメージにさらされています。日々の洗髪でも洗いすぎている場合は、ダメージを与え続けている状態です。

この季節の頭皮ダメージには、特にケアが必要です。生活習慣を改善する内側からのケアはもちろん大切ですが、アミノ酸系シャンプーや育毛剤を利用することによる外側からのケアも行うことで、より薄毛の進行を止めることができます。

今ならBUBKAの濃密育毛剤、シャンプー、サプリがセットで、5,980円にてご利用できます。是非、BUBKAで抜け毛対策を始めてみてください!

 

抜け毛は薄毛の第一歩原因を知り対策をしよう

季節や時期で抜け毛の量は変わる?季節と抜け毛の関係

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年5月12日  by bubka-press

関連する記事