このエントリーをはてなブックマークに追加

抜け毛と睡眠の関係を徹底解説

睡眠不足になると抜け毛になる可能性があります。朝起きると枕に抜け毛が付いていたり、くしに抜け毛が付いてしまうと気になるもの。抜け毛の原因はさまざまですが、今回は睡眠と抜け毛の関係について解説します。

睡眠について

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2つのタイプがあり、約90分周期で繰り返えされます。レム睡眠は夢を見る浅い睡眠で、成長ホルモンを分泌すると考えられています。ノンレム睡眠は、脳を休める深い睡眠です。睡眠には脳や体を休めたり、疲れの回復、記憶の定着などの重要な働きがあります。

抜け毛と睡眠の関係

髪や頭皮は、昼の間さまざまなダメージを受けています。傷ついた髪や頭皮を修復するのが睡眠。睡眠は疲れた体を休め、機能を回復して成長させるという、人の体はもちろん髪や頭皮にとっても重要なものです。

発毛に必要な毛母細胞が活発に活動するのは、夜10時から深夜2時ころにかけて。発毛を促す成長ホルモンの分泌がピークに達するのは深夜1時から2時ころ。浅い眠りのレム睡眠中に分泌されます。体のためにも、そして抜け毛防止のためにも1日5時間から6時間、しっかりと睡眠をとることが大切です。

睡眠不足で抜け毛に

睡眠不足になると、抜け毛が多くなります。成長ホルモンの分泌が減少して、髪や頭皮の修復がうまく行われなくなるため。睡眠不足により自律神経の働きが乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまうのが原因の一つです。

抜け毛を防止する睡眠対策

抜け毛防止につながる良い睡眠をとるための対策をご紹介します。

睡眠対策1.睡眠のタイミング

髪を生えさせる毛母細胞は、夜10時ころから深夜2時ころに活動します。このため夜10時ころに寝始めるのがベスト。早寝は抜け毛を防止するのに効果的です。

睡眠対策2.睡眠前の注意点

スムーズに睡眠に入るためのポイントは、寝る直前に食事をしないことです。胃が働くと熟睡できなくなります。さらにパソコンや携帯を寝る前に見ないこと。

液晶画面のブルーライトは、体内時計のリズムを乱し、脳を覚醒させるなど睡眠の妨げになるからです。どうしても見てしまう場合は、ブルーライトをカットするメガネの使用をおすすめします。

睡眠対策3.睡眠の質をあげるために

睡眠の質を上げることは抜け毛防止につながります。睡眠に適した室内の明るさは30ルクス程度と言われています。足元を照らす間接照明がおすすめです。温度は18℃、湿度は50から60%ほどが良いとされています。寝る前にお部屋の環境を整ておくと、良い睡眠がとれるでしょう。

睡眠対策4.寝具について

人間は寝ている間に汗をかきます。寝具は定期的に干して乾燥させたり、シーツ類をこまめに洗濯するなどケアが大切です。ダニの発生も防げます。

パジャマ類は吸湿性の良い素材で、体を締め付けないサイズのものを着てください。良い睡眠のためには枕も重要。肩の下にすき間ができず、首筋が伸びて、立っている姿勢を寝ているときも保てる高さの枕がベストです。

睡眠を整えて抜け毛の悩みを解消

睡眠を改善すると抜け毛が減り、予防にもつながります。睡眠不足になる原因はストレスや生活習慣などさまざまあります。抜け毛だけでなく健康的な生活のためにも、一度睡眠を見直してみましょう。

BUBKAでは、独自開発のBUBKA育毛剤やBUBKAスカルプケアシャンプーなどの育毛製品で、睡眠不足などで気になる、抜け毛や育毛のお悩みを解決します。ぜひお試しください。

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月13日  by bubka-press

関連する記事