育毛剤

本当に効果が期待できる育毛剤の選び方

育毛剤は種類が多すぎてどれをつかったらいいのかわからない。という人は多いのではないでしょうか?

実際たくさんある育毛剤の中から、効果実感が期待できる育毛剤を選ぶ方法を紹介します

目次

1、医薬部外品の育毛剤とは?

育毛剤は基本的に医薬部外品に分類されます。

医薬部外品には、厚生労働省により効果を認められた有効成分が一定量含まれています。

ちなみに、育毛剤と混同されやすい発毛剤は医薬品に分類されます。

①メリット

医薬部外品である育毛剤には、次のようなメリットがあります。

・そこでも買えてすぐ使える

医薬品を買うためには医師の処方や薬剤師の説明が必要ですが、医薬部外品にはそういったことは必要なく、ドラッグストアやネット通販などでいつでも買うことができます。最近ではコンビニで医薬部外品を取り扱うところもあります。

・有効成分がしっかりと入っている

医薬部外品には、厚生労働省により効果の範囲が定められています。そして、それらの効果をもたらす有効成分が一定量含まれていることが保証されています。

育毛剤に関しては、育毛、かゆみ・ふけ・脱毛・薄毛の予防、毛生促進、発毛促毛といった効果が認められており、それらの効果をもたらす有効成分が一定量含まれています。

・トラブルが少ない(副作用などがほとんどない)

医薬品は、体に対する効果・効能がはっきりしていますが、その分、副作用のリスクがあります。一方の医薬部外品は、有効成分は含まれていますが、体に対する作用は医薬品に比べずっと緩やかで、副作用のような大きなトラブルが出るリスクはありません。

②デメリット

前述のメリットがある医薬部外品の育毛剤ですが、逆に次のようなデメリットもあります。

・有効成分=効果というところが結びつかない事がある

医薬部外品に有効成分が一定量含まれていることは確かですが、育毛剤に「発毛」の効果はありません。あくまでも今ある髪の毛を丈夫に育て、頭皮のトラブルを予防し、発毛に関してはその働きをサポートするレベルにとどまります。

・自分に合わない事もある

医薬部外品の育毛剤には、医薬品とは違って副作用のリスクはありませんが、たとえば化粧品などと同様に、体質に合わないということはあり得ます。体質に合わない育毛剤は使うのを止めましょう。

・進行しているとNG

有効成分に関しての説明の通り、医薬部外品の育毛剤の効果に「発毛」はありません。そのため、薄毛が進んでいると、いくらいまある髪の毛を育てたとしても、薄毛の改善は難しくなります。進行している薄毛には、医薬品である発毛剤など、より強い効果のある対策が必要になります。

 

2、育毛剤の選び方

発毛剤ほどではないとはいえ、医薬部外品として一定の効果が認められている育毛剤ですが、育毛剤であれば何でも良いというわけではありません。育毛剤には多くの種類があり、自分に適したものを選ぶことが大切です。

育毛剤を選ぶ際は、次の点に気を付けましょう。

①継続的に使用できるものを選びましょう

育毛剤は、1本使ったら終わりということはあまりなく、一定期間継続して使用することを前提としています。そのため、主に価格面で、継続して使用できるものを選ぶことが大切です。定期購入やまとめ買いで安くなることも多いです。

②自分の薄毛のタイプにあったものを選びましょう

薄毛にも、いくつかの原因があります。男性は男性型脱毛症(AGA)を原因とする薄毛が多いですが、その他にも、紫外線やカラーリングなどの外的ダメージ、ストレスや食生活、生活習慣なども原因となり得ます。

薄毛の原因によって、効果的な対策も変わり、有効な成分にも違いが出ます。育毛剤に含まれる成分は、商品によって違いがあるので、薄毛のタイプに合った育毛剤を選ぶ必要があります。

③成分をチェックしましょう

②で説明したことと重複しますが、育毛剤は商品によって含まれる成分が違っています。それは、その育毛剤がどのような薄毛に対する効果を想定しているかによって違っています。そのため、自分の薄毛のタイプと原因と共に、それ対して効果のある成分を含む育毛剤を、成分をチェックした上で選ぶようにしましょう。

 

3、育毛剤のタイプ

育毛剤は、次のようなタイプに分けることができます。

①男性ホルモン抑制タイプ

このタイプの育毛剤は、男性ホルモンのテストステロン、またはテストステロンが酵素で変化してできるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制します。男性ホルモンが原因となっておこる薄毛は、男性型脱毛症(AGA)。AGA対策の育毛剤がこのタイプになります。

②毛母細胞活性タイプ

毛母細胞は、髪の毛の元となる細胞です。この細胞を活性化することで、発毛をサポートし、育毛を促進することを狙った育毛剤がこのタイプです。さまざまな薄毛について対策ができます。

③皮脂分泌抑制タイプ

皮脂の分泌が過剰になると、毛根につまり、発毛や育毛を妨げます。また、頭皮バランスも悪化してしまいます。これを防ぐために皮脂分泌を抑えるタイプの育毛剤です。頭皮のべたつきが気になる場合に薄毛について対策ができます。

④頭皮保湿タイプ

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみ、湿疹などにつながりやすくなります。また、頭皮の機能が落ちることにより、抜け毛にもつながりやすくなります。こういったことを防ぐために、頭皮を保湿するのがこのタイプの育毛剤です。

⑤血行促進タイプ

血行不良が続くと、発毛や育毛に必要な栄養が、毛髪の細胞を作る毛根周辺に十分に届かなくなります。これにより、抜け毛や薄毛が起こることも考えられます。それを防ぐために、頭皮の血行を促進するのが、このタイプの育毛剤です。

 

4、タイプ別有用成分

育毛剤のタイプ別に、それぞれ次のような成分が含まれています。

①男性ホルモン抑制タイプ

・フィナステリド

男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリアクターゼにより変化することを妨げます。テストステロンが変化するとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質になり、抜け毛を起こす原因となります。

フィナステリドはAGA治療の内服薬のプロペシアの主成分です。プロペシアを使用するには医師の処方が必要です。

また、フィナステリドを女性が使用すると悪影響が出るので、女性は使わないよう注意しましょう。

・オウゴンエキス

男性ホルモンのテストステロンを変化させる5αリアクターゼの働きを抑制することが期待される成分です。頭皮環境を整える働きもあります。

・キャピキシル

「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という成分を組み合わせた成分。このうち、「アカツメクサ花エキス」について、男性ホルモンのテストステロンを変化させる酵素5αリアクターゼを妨げる働きがあるのではないかと研究されています。「アセチルテトラペプチド3」は、毛母細胞の活性化について研究されています。

・ヒオウギエキス

男性ホルモンのテストステロンを変化させる5αリアクターゼの働きを妨げる効果が期待されています。また、女性ホルモンのバランスを整える効果もあるとされます。

・亜鉛

亜鉛が不足すると脱毛の原因になることがあります。ただし、亜鉛不足による脱毛には男性ホルモンは関わっていません。

また、亜鉛により5αリアクターゼの働きが阻害されるという研究もあるようです。ただし、必要以上の亜鉛の摂取はAGAの原因となるDHTを増加させるという研究もあるため、あくまでも適量を摂取することが重要です。

・ノコギリヤシヤシ

男性ホルモンのテストステロンを変化させる5αリアクターゼの働きを妨げる効果が期待されています。また、過剰な皮脂の分泌を抑える働きもあるとされています。

・チョウジエキス

男性ホルモンのテストステロンを変化させる5αリアクターゼの生成を抑制する働きがあるとされています。また、血行促進や抗炎症、殺菌、抗菌などの効果も期待できます。

・ジオウエキス

皮膚の活性や保湿効果があるとされる成分です。男性ホルモンの働きに直接関わることはありませんが、頭皮環境を整えるために役立つ成分です。

・ホウセンカエキス

男性ホルモンのテストステロンを変化させる5αリアクターゼを抑制する効果があるとされています。その他、保湿など頭皮環境を整える効果も期待できます。

・ビワ葉エキス

AGAの抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑制する効果が期待されています。その他、血行促進や、髪の毛の成長を促進する物質の生成をサポートする働きもあるとされます。

②毛母細胞活性タイプ

・ペンタデカン酸グリセリド

毛根における発毛に必要なエネルギーの供給促進を行うとされる成分です。

・ビチオン

髪の毛の主成分であるアミノ酸を作る酵素の働きを助ける効果があるとされています。

・Ⅿ-034

血管の拡張、細胞の活性化といった効果があるとされる成分です。

その他にも、保湿など頭皮を整える働きも期待できます。

・バイオポリリン酸

細胞を活性化させる物質をサポートする働きが期待される成分です。

また、保湿など頭皮を整える働きもあるとされます。

・ローヤルゼリーエキス

化粧品などにもよく使われ、肌の調子を整える働きがあるとされる成分です。

血行促進や成長ホルモンのサポート、頭皮の皮脂量を整える効果などが期待されています。

・センブリエキス

髪の成長に関わる毛乳頭細胞を活性化する働きが期待される成分です。

その他、血行促進や抗酸化、抗炎症などの働きもあるとされます。

・グリチルリチン酸ジカリウム

炎症やアレルギー、敏感肌の対策などに効果があるとされるとされる成分です。

ただし、摂り過ぎによる副作用のリスクが多少あるため、使用量には注意しましょう。

③皮脂分泌タイプ

・ドクダミ

肌の新陳代謝の促進、炎症の予防などの効果が期待される成分です。

頭皮のサイクルが健康に保たれることで、皮脂の分泌も適度に保たれます。

・シャクヤクエキス

皮の炎症を防ぐ効果が期待される成分です。

また、頭皮を清潔に保ち、血行促進などの働きも期待できます。

・オドリコソウエキス

肌を引き締め、炎症を防ぐ効果が期待される成分です。

頭皮を健康に保つだけでなく、脂漏性脱毛への対策として使われることもある成分です。

・褐藻エキス

肌の潤いを保ち、肌を外的な刺激から守る働きがあるとされます。

また、髪の毛の成長に関わる細胞の働きをサポートする効果も期待できます。

・海藻類エキス

海藻類の特徴であるぬるぬるとした成分、フコダインが配合されていることが多いです。

頭皮を保湿し、ダメージをカバーしてくれる効果が期待できます。

・~番外編~

  • フダイコンエキス
  • ワカメエキス
  • アマモエキス
  • リン酸アスヌルビルⅯg
  • ビタミンB6
  • カシュウ
  • イオウ
  • チオキソロン

④頭皮保湿タイプ

・ヒアルロン酸

化粧品にもよく使われる成分ですが、高い保湿性が期待されています。

頭皮の潤いが保たれることで、乾燥などによるさまざまなトラブルを防げます。

・アロエエキス

アロエエキスも、化粧品などによく使われる成分。

髪に潤いを与える働きがあるとされます。

・ヒオウギ抽出液

女性ホルモンに似た働きをするとされ、皮脂の分泌など肌のバランスを整える効果が期待できます。

また、コラーゲンの維持にも関わりがあるのではないかと研究がされています。

・イチョウ葉

抗酸化など肌の環境を整える働きが期待できます。

また、血行促進などの効果もあるとされています。

・ピロリドンカルボン酸

海藻やサトウキビなどから作られる成分。

吸湿性に優れ、肌の潤いを保ち、乾燥を防ぐ働きが期待できます。

・サンザシエキス

抗酸化作用に優れたポリフェノール、皮膚の代謝に関わるビタミンCなどを含む成分です。

肌のダメージをカバーし、潤いある肌を保つ効果が期待できます。

 

⑤血行促進タイプ

・ミノキシジル

育毛剤によく使われている成分で、強い血行促進の効果があるとされています。

血行促進により、髪の毛の成長に必要な栄養がきちんと毛根に届き、育毛が促されるという仕組みです。

・センブリエキス

毛母細胞活性タイプの育毛剤にもよく使われる成分です。

細胞の活性化と合わせ、血行促進や抗酸化、抗炎症などの働きもあるとされます。

・Ⅿ-034

センブリエキスと同じく、毛母細胞活性タイプの育毛剤にもよく使われています。

血管の拡張、細胞の活性化といった効果があるとされる成分です。

保湿など頭皮を整える働きも期待できます。

・セファランチン

タマサキツヅラフジの根から抽出される天然の成分です。

ミノキシジルなどと同様に血行促進の効果が期待されますが、比較的穏やかな働きです。

・ピディオキシジル

「ミノキシジル誘導体」と呼ばれることもある、ミノキシジルに似た働きが期待される成分です。

ただし、その働きはより穏やかなもので、育毛剤の刺激を下げるためにも使われるようです。

 

本当に効果のある育毛剤の選び方

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

ピックアップ記事

  1. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  2. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  3. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由

関連記事

  1. 育毛剤

    育毛剤を使用すると副作用がある?育毛剤と副作用の関係

    育毛剤を使用したいが、使用する事で体調不良になったり、逆に薄毛が進行す…

  2. 育毛剤に即効性はあるのか

    育毛剤

    育毛剤に即効性はあるのか

    育毛剤に即効性があれば、それほど素晴らしいことはありません。しかし、残…

  3. 育毛剤

    育毛剤の正しい使い方

    抜け毛や薄毛にお悩みの方の多くが、育毛剤を使用しているかと思います。し…

  4. 育毛剤には効果なし?意外と知られていない育毛剤と発毛剤の違い

    育毛剤

    育毛剤には効果なし?意外と知られていない育毛剤と発毛剤の違い

    薄毛に悩む人は、育毛剤や発毛剤を使用することも珍しくありません。しかし…

  5. 育毛剤は使わない!育毛剤なしで髪の毛を増やす方法

    育毛剤

    育毛剤は使わない!育毛剤なしで髪の毛を増やす方法

    育毛剤を使わないで髪の毛を増やすには、どうすればよいのでしょうか?「育…

  6. 育毛剤

    副作用の心配のない育毛剤選び

    抜け毛や薄毛にお悩みの方にとって、育毛剤を頼りにしていらっしゃる方も多…

PAGE TOP