このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤の値段はどのくらい?

育毛剤を購入するうえで、効果と同じく気になるのが値段。安価すぎる値段だと効果や安全面について不安ですし、高価すぎる育毛剤は購入するのに躊躇してしまいがち。育毛剤の値段の理由と、購入するうえでのポイントをお教えいたします!

育毛剤の値段の相場

薄毛対策を行う方が増えています。それにともない最近では、いろいろな種類の育毛剤が販売されています。値段もさまざまで、ドラッグストアで気軽に購入できる2,000~3,000円程度の安価なものから、数万円以上もする高級品まで。同じ育毛剤なのになぜここまで値段が違うのでしょうか?

育毛剤の値段が違う理由

育毛剤の値段はピンからキリまで。納得できる買い物をするためにも、ぜひ理由を知っておきたいところです。

配合成分の違いに注目!

育毛剤は、商品によって配合されている成分もさまざま。最近では研究が進み育毛の有効成分とされるものが次々と見つかっています。育毛剤の値段は、使用する成分の違いによって大きく変わります。

代表的な壮年性脱毛症に有効とされるミノキシジルは医薬品ですので、それを含むだけで高い値段に。医薬部外品の生薬や天然由来の成分については、成分の品質や濃度によって価格帯は分かれます。

また、スーッとする清涼感を出して、浸透している感じを与えるために「アルコール」をあえて配合している育毛剤もあります。

でも、アルコールを多く使用しているものなどは、人によっては痛みを感じることもあります。お肌にアルコールを塗ることなんて普通に考えればしませんよね?頭皮もお肌と同じくらい敏感な皮膚です。効き目があると思っていても、アルコールが蒸発する時のただの清涼感だとしたら、、、安心安全な成分を使用した商品を選ぶことが重要です。

研究開発のこだわり

同じ生薬や天然由来の成分を使用していても、濃度が濃い場合や、研究を重ねて調合した育毛剤は、安価なものは少ない印象です。そのほかにも、成分をナノ化し浸透率を上げる育毛剤や、毛包に直接働きかける成分を配合している育毛剤など。

商品化するまでに、長期間の研究と費用が使われているものについては、値段が高くなるのも納得です。育毛剤の値段の違いは、成分と研究開発のこだわりの違いと言えるでしょう。

値段が安い育毛剤は効果が無い?

値段が安い育毛剤が、必ずしも効果が無いとは言えません。薄毛の原因や、使用した人の肌質が、育毛剤の成分と相性が良ければ改善する場合も。しかし、相性が合わない場合はどうなるのでしょうか?

なぜ安いのか?

価格は有効成分の濃度によって決まります。育毛剤を値段で比較すると、安価な育毛剤は合成保存料や水などが多く含まれ、有効成分の濃度が薄くなっている場合があります。余分な添加物を使用している場合も多く、製品の見た目を安定させるために、育毛に関係ない着色料を使っているものまで。

良い育毛剤は値段と配合成分で見分ける!

たくさんの育毛剤の中から、値段と成分に着目して、自分にあった育毛剤を探しましょう!

値段の理由を考える

育毛剤のパッケージには、配合率の高い順で成分の記載があります。複数の有効成分がバランスよく配合している育毛剤と、ただ配合しているものでは、あきらかに値段に差があります。成分についての記載がわかりづらいサイトなども、メーカー側があまり見られたくないと思っていることに証明です。

値段は一つの物差し!値段を念頭において配合成分を見比べてみると、その商品の本当の価値が見えてくるはずです。

体質にあった成分を選ぶ

育毛に有効とされる成分でも、自分の体質にあった成分を選ぶ必要があります。例えば、ミノキシジルと同等の発毛効果が期待できるM-034。

これは海藻から抽出された天然由来の成分なので、副作用の心配がありませんが、ミノキシジルは医薬品なので、どうしても副作用の心配があります。成分の特徴を把握して、自分にあった育毛剤を見つけてください。

せっかくの育毛を無駄にしないために

継続的な出費を考えると、値段の高い育毛剤を選ぶのは負担も大きくて難しいかもしれません。しかし育毛剤の値段には、しっかりとした理由があるのです。

安易に使用して時間とお金を無駄にしないためにも、配合成分にこだわり、十分な濃度で製造されている育毛剤をおすすめします。そうすることが結果的に、あなたの薄毛の悩みを最短距離で解決する方法ではないでしょうか?

BUBKAの育毛剤は天然由来成分で作られた安心安全な育毛剤です。さらにミノキシジルと同等の発毛効果が期待できるM-034を最も濃密に配合しています。研究を重ねて毎年リニューアルしているBUBKAの力を是非お試しください!今ならキャンペーン期間中でお得にご利用いただけます!

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら→

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月21日  by bubka-press

関連する記事