このエントリーをはてなブックマークに追加

髪が生えると言われている食べ物は?

髪が生えると言われている食べ物は?

薄毛の原因は多岐にわたりますが、大きな原因の1つとして挙げられるのが、食生活の乱れです。そのため、食生活を改善することが薄毛予防の第一歩となります。今回は髪の毛が生える食べ物をまとめてみました。

髪の毛を作る主成分

髪の毛の大部分は、ケラチンというタンパク質で構成されています。このタンパク質が不足することで、髪の毛が細くなり、薄毛の原因になってしまいます。

そのため、タンパク質が不足しないような食生活を心がけましょう。植物性タンパク質を多く含んだ食べ物を摂ることで、薄毛予防が期待できます。

薄毛対策の三大栄養素

タンパク質以外にビタミン・亜鉛なども、頭皮環境を整え、血行を促進するため、薄毛対策には重要な栄養素です。ビタミンは、B2・B6・Eなどが髪の毛に良いとされます。

亜鉛は毛髪生成に重要な役割を果たしますが、三大栄養素の中では不足しがちなので、意識して摂取するようにしましょう。

髪が生える食べ物とは?

薄毛対策には、髪に必要な三大栄養素を多く含んだ食べ物を摂取する必要があります。ここでは、上記の三大栄養素を含んだ、髪が生えると言われている食べ物を見ていきましょう。

髪が生える食べ物1:タンパク質を多く含む食べ物

タンパク質は、大きく分けて「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2つがあり、健康的な生活を送るにはこの2つをバランスよく摂取する必要があります。

ただ、肉や魚に含まれる動物性タンパク質は、摂取しすぎると内臓脂肪として蓄えられるので、薄毛対策には植物性タンパク質を多く摂るようにしましょう。

植物性タンパク質は、豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれています。カロリーもそこまで高くないので、優秀な食べ物といえます。

髪が生える食べ物2:ビタミンB2、B6、Eを多く含む食べ物

ビタミンB2とB6には代謝を活性化させる働きがあり、毛母細胞の細胞分裂を促す役割があるので、しっかりと摂取しましょう。ビタミンB2を含む食べ物は、レバー・卵・乳性品など。ビタミンB6はナッツ類やサケに多く含まれています。

また、ビタミンEが不足すると、皮脂が過酸化皮質に変化して頭皮の荒れに繋がります。キウイフルーツやアーモンド、バター・マーガリンなどを取り入れてみましょう。

髪が生える食べ物3:亜鉛を多く含む食べ物

毛髪生成を促す亜鉛は、不足しやすい栄養素です。レバー、チーズ、アーモンドなどを食べて、亜鉛不足を防ぎましょう。

髪の悩みを解消するならBUBKA

人間の体は、毎日の食べ物で形成されており、それは髪の毛も例外ではありません。髪の毛に必要な栄養素を含んだ食べ物をきちんと摂取すれば、薄毛を予防することができます。

ただ、栄養のバランスがとれた食事をしていても、食べる時間が毎日バラバラでは、健康に良くありません。毎日同じ時間に、バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

BUBKAでは、髪に必要な亜鉛やビタミンを多く含んだサプリメントやドリンクを販売しています。「ちゃんとした食事を毎日摂るのが難しい…」という方にもオススメです。髪の悩みを持つ方は、ぜひ濃密育毛剤BUBKAとあわせてご利用ください。

 

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら

その食生活が薄毛につながる!?食べ物と薄毛の関係  

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月5日  by bubka-press

関連する記事