このエントリーをはてなブックマークに追加

はげが遺伝するメカニズムとは?

はげが遺伝するメカニズムとは?

“はげは遺伝するのか?”という話は昔から議論されてきていますが、事実をきちんと理解している方は少ないはずです。

そこで今回はそんな疑問を解決するべく、“はげ” と “遺伝” についての関係性についてご紹介していきます。

若はげ・薄毛のメカニズム

医療技術の進歩によって、若はげの医学的な解析は年々進み、その原因が「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンにあるということがわかってきました。

このジヒドロテストステロンが、毛乳頭にある「アンドロゲンレセプター」という男性ホルモン受容体と結びつくと、「TGF-β」といわれる増殖抑制因子に変化してしまいます。

TGF-βは、毛乳頭に髪の毛の成長を抑制する命令を出すので、命令を受けた毛乳頭が髪の毛の成長をストップさせ、髪の毛が抜け落ちてしまう原因になるのです。

はげの遺伝に関わる物質

はげの原因が「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンにあるということはわかりました。しかしその物質が遺伝とどう関係してくるのでしょうか?

5αリダクターゼ

はげの原因である、ジヒドロテストステロンのできやすさは、還元酵素である「5αリダクターゼ」の結びつきやすさ(活性力の高さ)に左右されます。

つまり、5αリダクターゼの活性力が高ければ、ジヒドロテストステロンができやすいので、はげやすくなるというわけです。

活性力の高さは両親からの遺伝で決まるので、5αリダクターゼの活性力の高さが遺伝することが、 “はげは遺伝する” という噂の正体といえるでしょう。

アンドロゲンレセプター

もうひとつ遺伝に関係するのが、先ほどお話した「アンドロゲンレセプター」という男性ホルモン受容体です。

はげになる人とならない人の間には、このアンドロゲンレセプターにも大きな違いがあります。

この男性ホルモン受容体も親から遺伝しますが、対象となるのはX染色体にあるアンドロゲンレセプターだけなので、男性の場合は母親から遺伝します。

一般によく言われる、「はげの遺伝子は母方から遺伝する」という話にはこんな事実が隠されていたのです。

頭皮をしっかりとケアして遺伝に負けない頭皮環境づくりを

はげや薄毛の原因となる遺伝子は遺伝してしまうことは、今回ご説明した通りです。しかし、遺伝してしまうとはいえ、頭皮環境さえ毎日しっかりと整えていれば、薄毛の進行を防ぐことができます。

BUBKAでは、薄毛改善が期待できる天然由来成分の育毛剤のほか、不足しがちな栄養を補うサプリメントや育毛ドリンクなど、多数のヘアケア用品を取り揃えております。ぜひ一度ご使用になって、その効果を実感してみてはいかがでしょうか。

 

薄毛は遺伝するって本当?親がハゲていると危ないの?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月19日  by bubka-press

関連する記事