このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮にできた「かさぶた」の対処法!放っておくと「はげ」になるかも?

頭皮にできたかさぶたは、気になってついはがしてしまうことがあります。実ははげの原因になるので、たかさぶたは無理にはがさないようにしましょう。かさぶたの対処法やはげとの関係について解説します。

頭皮にかさぶたができる原因

かさぶたは、治りかけた傷口にできるものです。かさぶたを無理にはがすと、出血したり雑菌が侵入して炎症をおこして悪化してしまいます。頭皮にかさぶたができる原因は、脂漏性皮膚と皮脂欠乏性湿疹が多いからだと言われています。

脂漏性湿疹(皮膚炎)

頭皮などに常在する菌のなかで、マラセチア菌の異常繁殖により頭皮にかゆみや湿疹ができる病気。成人の場合、洗髪のし過ぎやすすぎ不足、疲労やストレス、ビタミンB群の不足、低温、低湿度の環境などが原因で発症します。

脂漏性湿疹(皮膚炎)が進行すると、皮脂の分泌量が増え、毛穴を塞ぐため発毛ができなくなり、はげの原因になります。かさぶたが多く、はがすと化膿するため毛が生えません。そのため患部がはげになる場合が多いのも特徴です。

脂漏性湿疹(皮膚炎)の治療

治療は、炎症を抑えるステロイド外用薬と抗真菌薬を処方されます。加えてかゆみ止めの抗ヒスタミン剤やビタミン剤を症状に応じて使います。

脂漏性湿疹(皮膚炎)のケア対策

頭皮を清潔に保ち、刺激のあるシャンプーなどは避けやさしく丁寧に洗います。洗髪後はよく乾かしてください。ビタミンBの不足を防ぐためバランスのとれた食生活を心掛けることも大切です。ストレスや過労も皮脂の過剰な分泌をまねくので注意しましょう。

皮脂欠乏性皮膚炎

乾皮症とも言われ、皮脂が不足して皮膚が乾燥するため、角質がはがれ白い粉をふいた状態になり、痛みやかゆみがあります。刺激に過敏になったり、細菌感染のリスクが高まるなどの症状がでる病気です。

頭皮の洗いすぎで皮脂が少ない状態や、湿度が低く乾燥した環境などの外的要因と、加齢や生活習慣による皮脂やセラミドなどの成分の低下が原因です。またアレルギー体質の人もかかりやすくなります。

皮脂欠乏性皮膚炎の治療

治療は、白色ワセリン、ケラチナミン、ヒルドイドなど保湿剤や、炎症を抑えるステロイド剤が処方されます。頭皮にかゆみがある場合、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤などの服用薬が用いられることもあるようです。

皮脂欠乏性皮膚炎のケア対策

空気の乾燥を避け、湿度を十分確保しましょう。洗髪は熱いお湯は避け、ぬるま湯でやさしく洗ってください。洗浄力の強いシャンプーや、頭皮の洗いすぎは皮脂が奪われてしまいます。

頭皮のかさぶたはがしの常習化ははげに

頭皮のかさぶたをはがしてしまう癖のある人は、無意識のうちに頭皮に手がいきかさぶたをはがしてしまいます。うまくはがれると達成感すら感じるようです。

これは、依存症の可能性があります。依存症は頭皮や体をかきむしることでストレス発散。常習化して無意識に行動するのが特徴です。同じ個所のかさぶたをはがして刺激が続くと、発毛が妨げられはげの原因になるので注意しましょう。

頭皮のかさぶた対策ではげ予防

頭皮にかさぶたをつくる病気を防ぐことが、はげ予防には大切です。もし頭皮にかゆみがあるなどの症状でたら、早めに皮膚科を受診しましょう。頭皮のケアには専用のケアシャンプーや育毛剤などの使用をおすすめします。

BUBKAでは、頭皮の環境を整えるスカルプケアシャンプーをはじめ、独自開発のBUBKA育毛剤、サプリメントなどで薄毛やはげ、育毛のお悩みを解決します。ぜひお試しください。

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月7日  by bubka-press

関連する記事