このエントリーをはてなブックマークに追加

フケ対策には、乾燥を防ぐのが良い?

頭がかゆいなと思って掻いていたらポロポロと落ちてくるフケ。フケは頭皮の健康状態の危険信号でもあります。フケを放置すると、将来の薄毛につながる可能性があります。ここでは、フケの原因や予防策について説明していきます。

 

1、フケとは

フケとは、頭皮の新陳代謝により剥がれ落ちた角質のこと。新陳代謝が正常であれば、フケといっても小さく量も少ないので、気になることはありません。

しかし、新陳代謝が乱れや頭皮環境の悪化などで、本来まだ剥がれおちるはずのない細胞がはがれ落ちることで、大きなフケがたくさん発生し、フケが気になるという状態になってしまいます。

 

2、乾性フケと脂性フケの見分け方

フケは大きく2つのタイプに分けることができます。フケのタイプによって原因と対策が異なるので、フケ対策をする場合は、まずはフケのタイプを見分けましょう。

①乾性フケの見分け方

パサパサと乾燥したフケ。白く粉のようなフケで、髪の毛や肩回りに落ちてくるのが目立ちます。主に頭皮の乾燥が原因で発生します。

②脂性フケの見分け方

ベタベタと粘着性のあるフケ。かたまって毛根や頭皮に付着していることが多いです。主に皮脂の過剰分泌や、菌が原因で発生することもあります。

 

3、乾性フケの原因

乾性フケの主な原因は頭皮の乾燥ですが、そもそも頭皮が乾燥する原因としては、次のようなことが考えられます。

①季節的な要因

空気が乾燥する冬場は、お肌の乾燥が気になることが多いですが、同じように頭皮も乾燥しがちです。

②栄養バランスの乱れ

栄養バランスが偏ることで、頭皮が乾燥することがあります。特にダイエットなどで必要なエネルギーや栄養が不足している場合、頭皮は乾燥しやすくなります。

③生活習慣の乱れ

過度なストレスや睡眠不足、極端な運動不足などは、新陳代謝の乱れを招く一因です。新陳代謝が乱れると、当然頭皮にも影響が及び、頭皮の乾燥につながることがあります。

④加齢

年齢を重ねるごとに、お肌の潤いは失われやすくなっていきます。それは頭皮も同じで、加齢により頭皮の潤いも不足しがちになり、頭皮の乾燥につながることがあります。

⑤冷房や暖房などの外的要因

エアコンによる冷房や暖房は、空気を乾燥させてしまいます。空気が乾燥すると、お肌の水分が失われ、頭皮も乾燥しがちです。また、ホットカーペットもお肌、頭皮を乾燥させやすいものです。特に冬場は空気を乾燥させ、お肌、頭皮を乾燥させるものが多いので気をつけましょう。

⑥ヘアカラー、パーマによるもの

ヘアカラー、パーマなどは、髪の毛に薬品を使うことでおこないますが、その薬品は頭皮にも影響を与えます。ヘアカラー、パーマに使う薬品は刺激が強く、頭皮の乾燥を招きやすいものです。

⑦遺伝

体質や肌質が両親や祖父母に似ることがあるように、頭皮の乾燥しやすさというのも、遺伝することがあります。

⑧頭の洗い方

頭を洗うときに強く洗いすぎていたり、一日に何度も頭を洗ったりしていると、頭皮の乾燥を招きやすくなります。

⑨シャンプーによるもの

シャンプーの刺激が強すぎたり、シャンプーが肌に合わなかったりして、頭皮が乾燥することがあります。

⑩病気

特に乾燥がひどく、赤みや湿疹、ひどいかゆみなどを伴う場合など、何らかの病気が原因で頭皮が乾燥していることがあります。こういった様子がおかしい場合は、病院で診てもらうようにしましょう。

 

3、乾性フケ対策方法

乾性フケの原因がわかったところで、その対策としては、次のような方法が考えられます。

①生活習慣を改善する

十分な睡眠を取り、適度な運動を行うようにしましょう。また、食事や睡眠などの時間は、毎日同じように取るのが理想です。

②食生活を改善する

必要なエネルギーと栄養をきちんと摂るようにしましょう。朝・昼・晩の食事が基本ですが、難しい場合はサプリメントを活用するのもひとつの方法です。

ダイエットなどで食事を控えめにしている場合も、極端に摂取カロリーを減らさないよう気をつけ、全体の栄養バランスはきちんと保つようにしましょう。

③シャンプーを変える

シャンプーは洗浄力や価格よりも、頭皮への刺激の少なさを重視して選ぶようにしましょう。一般的に、洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーは、頭皮に優しく刺激が少なめといわれます。肌に合う、合わないもあるので、表示成分だけでなく、実際に肌に合うシャンプーを選ぶことも大切です。

④育毛剤を使用する

育毛剤は、育毛を促進することを目的としていますが、そのためには頭皮環境を整えることも重要です。そのため、育毛剤には頭皮の潤いを保つ成分が配合されていることがほとんどです。乾性フケとともに薄毛・抜け毛が気になるという場合、育毛剤を使うことがフケ対策になることもあります。

⑤ストレスを解消する

過度なストレスは体のさまざまな不調につながります。フケ対策でもストレスは大敵。リラックスする時間や、リラックスできる時間を意識して作るようにして、ストレスをためこまないようにしましょう。

⑥病院にいく

何をしてもフケが治らない、あまりにもフケがひどい、頭皮に赤みや湿疹、ひどいかゆみがあるなど、様子がおかしい場合は、病院で診てもらいましょう。

 

4、脂性フケの原因

脂性フケの主な原因は、皮脂の過剰分泌や菌の繁殖です。そしてそれらの原因としては、次のようなことが考えられます。

①気候の変更

暑い夏場は、汗と共に皮脂も分泌されやすく、お肌、頭皮も同じです。特に、急に暑くなったときに、体がうまく対応しきれず、皮脂が気になるということは起こりがちです。

②脂質の多い食生活

動物性タンパク質が多い食事や、脂質の多いスナック菓子や加工食品を多く摂ると、皮脂の分泌も多くなります。

③生活習慣の乱れ

睡眠不足や運動不足、不規則な生活は、頭皮の乾燥の原因となることもありますが、乾燥を補うために皮脂が過剰分泌されるということもあります。また、新陳代謝が乱れ、そもそも皮脂過多になるということもあります。

④頭に身に付けるもの

帽子やウィッグなど、頭に身に付けるものが、頭皮のむれやカビ菌の繁殖など、頭皮環境を悪化させる原因となることも考えられます。特に、日常的、頻繁に身に付けるものがある場合は要注意です。

⑤環境の変化によるストレス

外的な要因からくるストレスは、頭皮の乾燥につながることもあれば、逆に皮脂の過剰分泌につながることもあります。

⑥ワックスなどのスタイリング剤

ワックスなどのスタイリング剤が、きちんと洗い流せていないと、頭皮のべたつき、カビ菌の繁殖の原因となることがあります。

⑦頭の洗いすぎ

頭を洗うときに強く洗いすぎたり、一日に何度も洗ったりしていると、頭皮は乾燥します。その乾燥を補うために、皮脂が過剰分泌されるということもあります。

⑧シャンプーが原因

洗浄力の強いシャンプー、刺激の強いシャンプーを使っていると、頭皮を守るために皮脂が過剰分泌されるということがあります。また逆に、皮脂が多めなのにそれをきちんと洗い流せていなと、余分な皮脂がいつも頭皮にある状態となってしまいます。

⑨遺伝的に皮脂が多い

体質、肌質が両親や祖父母に似るように、頭皮の性質も遺伝します。

⑩病気

あまりにもフケが目立つ、頭皮に赤みや湿疹、ひどいかゆみがあるなど、様子がおかしい場合は、病気が原因ということも考えられます。その場合はまず病院で診てもらうようにしましょう。

 

5、脂性フケ対策方法

脂性フケの原因がわかったところで、脂性フケの対策としては、次のような方法が考えられます。

①生活習慣を正す

十分な睡眠時間を取り、適度な運動を行うようにしましょう。食事や睡眠は、できれば同じ時間帯に取るのが理想です。

②食生活を正す

動物性タンパク質も体に必要な栄養ではありますが、偏らないように気をつけ、植物性タンパク質やビタミン、ミネラル、そして炭水化物などをバランスよく摂り入れるようにしましょう。

食事だけでバランスを取るのが難しければ、サプリメントで補助するのもひとつの方法です。

また、脂質の多いスナック菓子や加工食品は控えます。

③.ストレスを解消する

過度のストレスをためこまないように、リラックスする時間や、リラックスできる趣味などを、意識して作るようにしましょう。

④頭皮の清潔にしていく

毎日の洗髪はもちろんのこと、日頃頭に身に着けるものや、枕やシーツ、布団などもこまめに洗い、頭皮環境が清潔に保たれるようにしましょう。

⑤正しい洗髪方法にする

特に汚れた場合を除き、洗髪は一日一回にとどめ、力をかけすぎないように洗うようにします。また、洗髪後はタオルドライとドライヤーで髪の毛と頭皮をきちんと乾かすようにしましょう。

⑥シャンプーを変える

スカルプシャンプーと呼ばれるシャンプーは、頭皮環境を重視して成分配合がされたシャンプーなのでおすすめです。余計な皮脂や汚れなどはきちんと落としつつ、頭皮に対する刺激は低くなっているので、皮脂が多めの人にも使いやすいシャンプーとなっています。

⑦病院で治療する

何をしても脂性フケが治まらない、どんどん悪化する、頭皮に赤みや湿疹、ひどいかゆみがあるなど、様子がおかしい場合は、病気の可能性もあり、病院で診てもらうことをおすすめします。

 

6、フケは薄毛の原因になる

フケは、頭皮環境の悪化、新陳代謝の乱れのサインです。そのまま放置していると、フケだけでなく、抜け毛の増加、そして薄毛にもつながります。また、フケがあること自体も、頭皮環境の悪化を進めてしまい、薄毛の原因のひとつとなります。

逆にフケが気になり始めた時点で対策をすれば、薄毛の予防にもなるということです。

 

7、ふけ・かゆみはシャンプーで改善できます

乾性フケ、脂性フケいずれにしろ、頭皮環境が悪化しているときは、スカルプシャンプー、スカルプケアシャンプーと呼ばれるような、頭皮環境を重視したシャンプーの使用がおすすめです。スカルプシャンプーは、余計な皮脂や汚れは取り除きつつ、頭皮に必要な潤いは残し、頭皮環境を整えてくれる効果があります。

シャンプーが合わないことが原因でフケが起こっている場合は、シャンプーを変えるだけでフケは改善されます。それ以外に原因がある場合も、こういったシャンプーを併用することで、頭皮環境が整い、改善が早くなります。

フケ・かゆみを解決できるBUBKAシャンプーとは?

 

8、シャンプーでも改善されない場合は医薬部外品の育毛剤

スカルプシャンプーに加えておすすめなのが、医薬部外品の育毛剤です。育毛剤は薄毛対策というイメージが強く、それはもちろんそうなのですが、頭皮環境の改善にも効果があります。

医薬部外品の育毛剤には、ただ育毛を促進するだけでなく、頭皮の潤いを維持し、頭皮環境を良いものに保つための成分も多く配合されています。特に、フケだけでなく抜け毛や薄毛が気になるという場合、医薬部外品の育毛剤をぜひ試していただきたいところです。

 

9、それでも改善されない場合は病院に行きましょう

ここまで紹介してきた対策を行い、シャンプーも変え、医薬部外品の育毛剤も使ってみたけれど、やはりフケが改善されないという場合は、一度病院で診てもらうことをおすすめします。また、最初から頭皮の赤みや湿疹、ひどいかゆみなどが、様子がおかしいという場合は、自分で対策をする前に病院で診察してもらうようにしてください。

頭皮のフケの原因と対策。自宅でできる対策10選

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月7日  by bubka

関連する記事