このエントリーをはてなブックマークに追加

かゆみを伴うフケの原因と自宅でできる対策

頭皮の角質層がはがれおちてできるフケ。頭皮環境や新陳代謝が正常であれば、気にする必要のないものですが、フケが増えて、しかもかゆみがあるという場合、何らかの対策が必要です。今回は、フケ対策のなかでも特にかゆみを伴うフケについて、その原因と対策を解説していきます。

 

1、フケとかゆみの関係

フケは、頭皮の新陳代謝により角質層がはがれおちたもの。頭皮環境や新陳代謝が正常であれば、フケといっても小さく、目立たないほどの量ですが、頭皮環境が悪化したり、新陳代謝が乱れたりすることで、対策が必要なほどフケの量が増えたり、大きなフケが出たりすることがあります。

そして、フケが気になるときは、同時に頭皮にかゆみを感じることも少なくありません。頭皮環境の悪化や新陳代謝の乱れというのは、フケだけでなくさまざまな頭皮トラブルの原因となり、頭皮のかゆみも引き起こしやすいのです。

 

2、かゆみの原因

かゆみの原因としては、フケの原因と共通するものが多いのですが、次のようなことが考えられます。

①乾燥

頭皮に限らず、皮膚の潤いが不足し、乾燥した状態が続くと、かゆみを感じることが多くなります。乾燥の原因としては、季節的なものや加齢によることが多いです。

②雑菌の繁殖

頭皮や髪の毛の洗い方が不十分だったり、シャンプーの洗い残しがあったり、シャンプー後に生乾きのまま放置したりすることで、頭皮に雑菌が繁殖してしまい、かゆみを感じることがあります。

③皮脂の過剰分泌

夏場など、肌がべたついてかゆいということがありますが、頭皮も、皮脂が過剰に分泌されることでかゆみを感じることがあります。皮脂の過剰分泌は、食生活や生活習慣が原因となることが多いですが、乾燥を補うために逆に皮脂が過剰に分泌されるということもあります。

④シャンプーコンディショナーの洗い残し

シャンプーやコンディショナーが頭皮に残ったままだと、それが頭皮を刺激し、かゆみを感じることがあります。また、シャンプーやコンディショナーの洗い残しは、雑菌の繁殖の原因となることもあります。

⑤頭皮へのダメージ

頭皮が傷ついたり、何らかのダメージを受けたりすることで、かゆみにつながることもあります。間違った頭皮ケアなどで頭皮をひっかく、ひっぱる、強く押しすぎるなどのダメージの他、紫外線のダメージや、カラーリング・パーマに使用する薬剤によるダメージなどもあります。

⑥病気

次のような頭皮に関する病気の症状としても、かゆみが表れることがあります。病気が疑われる場合は、まずは病院で診察してもらいましょう。

・シラミ

髪の毛に寄生し、頭皮から血を吸うアタマジラミの、血液を吸う際の成分が、かゆみをもたらします。アタマジラミは、タオルやクシなどを介して移ることが多く、子ども同士の接触が多い保育園や幼稚園で発生しやすくなっています。

強いかゆみと、耳の後ろや後頭部周辺に強いかゆみを感じる場合は特に要注意です。髪の毛の根本に灰褐色で楕円形の卵が見つかることが多く、フケに似ていますが、フケと違って簡単に取れないのが特徴です。

・乾癬(かんせん)

「紅斑(こうはん)」と呼ばれる皮膚が赤くなり少し盛り上がった状態と、そこに「鱗屑(りんせつ)」という銀白色のフケのような症状が表れ、かゆみを伴います。原因はまだはっきりと特定されていませんが、複合的な原因で起こり、男女ともに起こりますが、男性により多い傾向にあります。

・水虫

水虫というと足のトラブルのイメージがありますが、水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)が、頭皮に感染することもあります。この場合、シラクモ(頭皮白癬)と呼ばれます。症状としては、かゆみを感じることもあるようですが、かゆみよりも、楕円形に髪の毛が抜ける、細かい鱗状のフケのようなものが見られる、ということが顕著なようです。

・アトピー

アトピーでは、肌のバリア機能と潤いの低下により、肌が乾燥しやすく、外部の刺激に敏感に反応して、強いかゆみが発生します。頭皮も同様で、アトピー肌の人は、頭皮にもかゆみを伴うことが多いようです。

 

3、フケがかゆみを引き起こす場合。。。

頭皮環境の悪化や新陳代謝の乱れによりフケが発生している場合、同じ原因でかゆみを感じることがあります。また、本来まだ剥がれ落ちるはずではない角質層が剥がれ落ちてしまうことによる、かゆみもあります。フケにより頭皮の衛生状態がさらに悪化して、かゆみが強くなるということもあるでしょう。

フケとかゆみは密接な関係があり、フケが気になるときはかゆみもある、かゆみを感じるときはフケが出やすいといったことは多いので、どちらかだけでなく双方の対策をしていくことが重要です。

 

4、フケかゆみが気になったらまず洗髪方法を見直ししよう

フケやかゆみが気になる場合、病気の症状でないのなら、身近なところでできる対策として、洗髪方法の見直しがあります。まず、髪の毛を洗いすぎないよう、特別に汚れたとき以外は、一日一回の洗髪で十分です。髪の毛や頭皮が汚れていないのであれば、一日一回も必要ないこともあるかもしれませんが、洗髪をしなさすぎなのも、頭皮が不衛生になり、フケ・かゆみにつながりやすいので、適度な先発が必要です。

先発の際は、ブラッシングとすすぎで大きな汚れを取り除いた後に、手でシャンプーをしっかり泡立ててから、髪の毛と頭皮を洗います。その際、頭皮を傷つけないよう、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。髪の生え際、後頭部、耳の後ろなどは汚れが残りやすいので特に丁寧に。そして、シャンプーの洗い残しがないように、洗い流す際は優しく、しっかりと行いましょう。

洗髪後はタオルドライとドライヤーで、髪の毛と頭皮をしっかりかわかします。熱でダメージのないよう、かつ、余計な水分が残って雑菌の繁殖の原因とならないよう、最後まで丁寧に仕上げましょう。

 

5、使っているシャンプーを見直そう

シャンプーが肌質に合わなかったり、シャンプーの刺激が強すぎたりして、乾燥やかゆみ、そしてフケの発生につながることもあります。洗髪方法と共に、シャンプーも見直したいところです。

一般的に、刺激が弱く、頭皮や髪の毛を穏やかに洗ってくれるのが、アミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーと言われます。スカルプシャンプーと言われるシャンプーは、頭皮環境を重視したシャンプーなので、おすすめです。

 

6、医薬部外品の育毛剤を使ってみよう

医薬部外品の育毛剤は、育毛を促進するためのものですが、育毛環境を整えるために、頭皮に潤いを保ち、頭皮環境を良好に保つ効果があります。そのため、フケやかゆみの対策としても役立つことがあります。フケやかゆみ、そして抜け毛も気になる、将来的に薄毛になる心配があるという人には、医薬部外品の育毛剤もおすすめです。

 

7、治らない場合は病院に行きましょう

あきらかに病気の症状の場合や、かゆみが強い場合、洗髪方法やシャンプーなど原因に対する対策をしてみてもかゆみが治まらないという場合は、まずは病院に行きましょう。病気が原因のフケやかゆみは、対策を誤ることで症状を悪化させてしまうこともあります。

頭皮のフケの原因と対策。自宅でできる対策10選

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月7日  by bubka

関連する記事