このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛と遺伝の関係について

「祖父や父が薄毛だと子供も薄毛になりやすい」「薄毛の家系だからいずれは自分も…」など、薄毛が遺伝するということは昔からよく言われてきました。

近年では様々な研究の結果から、薄毛と遺伝の間には確かに何らかの関係があるらしいということが分かってきています。しかし遺伝だからと言って、薄毛はあきらめなくてはいけないものなのでしょうか?

今回は、気になる薄毛と遺伝の関係についてご説明します。

遺伝が関係する薄毛のタイプ

一口に薄毛と言ってもそのタイプには色々ありますが、その中でも遺伝の影響を受けやすいと言われているのが「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるタイプ。男性型という名前の通り、ある男性ホルモンが原因となって起こる薄毛です。

この男性ホルモンはテストステロンといって、「筋肉や骨格を発達させる」「男性の生殖機能を増強する」「行動力・意欲を高める」などといった作用を持っています。このように“男らしさのもと”とも言えるテストステロン。

でも実は、テストステロンそのものが男性型脱毛症の原因になるわけではありません。

このテストステロンに、5αリダクターゼという酵素が結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という別のホルモン物質になります。まさにこのDHTこそが、男性型脱毛症の原因となる物質なのです。

DHTが頭皮の皮脂を過剰分泌させて毛穴を詰まらせたり、毛乳頭(毛根にある“髪の工場”の役割を持つ細胞)に結びついて髪の成長を阻害したりすることで男性型脱毛症が起こると言われています。

薄毛になりやすい“体質”が遺伝する

では、遺伝は男性型脱毛症にどのように関係しているのでしょうか?

実は、遺伝するのは「男性型脱毛症の症状そのもの」ではなく、「男性脱毛症になりやすい体質」だと言われています。「DHTの影響を受けやすい体質」「5αリダクターゼの働きが強い体質」が遺伝することによって、薄毛になるリスクが高まるというわけなのです。

このうち、DHTの影響の受けやすい体質であるかどうかは、母方の遺伝子(X染色体)によって決まります。女性はこの遺伝子を持っていてもほとんど影響を受けることがありません。

このため、祖父から母に、母から息子へと遺伝子が引き継がれていった場合でも、薄毛の症状が見られるのは祖父と息子だけになります。薄毛が「母方の遺伝のせい」「隔世遺伝する」などと言われるのはこのためです。

一方、5αリダクターゼの働きの強さについては、どちらの親からも引き継がれる可能性があります。この体質は優性遺伝であり、どちらからでも引き継ぐと必ず現れるという性質があります。

これらの体質のいずれか、または両方を遺伝によって引き継いだ場合、男性型脱毛症になりやすいと言えるのです。

遺伝だからとあきらめないことが大切

男性脱毛症には体質の遺伝が関係しているという点から、自分が薄毛になる可能性については、家系をさかのぼって見ていけば、ある程度は予測できるでしょう。しかし、これらの体質を受け継いだからと言って、そのすべての人が薄毛を発症するわけではありません。

薄毛は、様々な原因がいくつも複雑に絡み合って起こる場合がほとんどです。薄毛になりやすい体質を受け継いでいなくても、不規則な生活やストレス、喫煙などの要因によって、薄毛や抜け毛が引き起こされる恐れがあるということなのです。

薄毛は遺伝だからとあきらめてしまうのではなく、体質の遺伝を薄毛の原因の一つとして、まずは冷静に受け止めることが大切です。その上で、毎日の生活習慣の改善や髪の状態に合った育毛剤の活用など、今できる対策を確実に行っていくことが、薄毛の予防にもっとも重要であると言えるでしょう。

濃密育毛剤BUBKAは、男性型脱毛症に悩む多くの男性からもその効果を認められた育毛剤です。しかも天然成分使用の100%無添加育毛剤なので安心・安全。

薄毛の症状が気になりだしたら、まずは試してみてはいかがでしょうか?

薄毛の原因6選! 自分の薄毛を理解して自分にあった薄毛の対策をしよう

薄毛は遺伝するって本当?親がハゲていると危ないの?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月21日  by bubka-press

関連する記事