このエントリーをはてなブックマークに追加

ハゲは治療方法をしっかり選べば治る

ハゲが進行し始めたと感じるようになったら、どうやってハゲを隠そうかと考える人も多いですよね。しかし、ハゲは治療方法をしっかり選べば治すことができます。ハゲは誤魔化さず、治すことを考えましょう。こちらでは、男性型脱毛症と言われるAGAの治療法についてご説明していきます。

1、ハゲは治療すれば治る?

まず一般的に、ハゲは一度薄くなったら治らないと思っている人が少なくありません。しかし、これは間違いです。男性型脱毛症と言われるAGAの場合、きちんとした治療を受ければ、治る可能性は十分にあります。ただし、加齢とともに進行していくので、治療を始めるならできるだけ早い方が望ましいでしょう。

 

2、ハゲは自分に合った治療方法を探す事が大切

自分に合った治療方法を探す事が大切です。AGAの治療をしてみたけれど改善されなかった、という人もいるでしょう。それは、その治療自体が的外れだった可能性があります。自分の原因に合った治療方法でなければ、どれだけ治療をしても改善される見込みはほとんどないのです。

 

3、こういう人は治らないかも?

①途中でやめてしまった

AGAの治療を受けたり、自己流で育毛剤を試したりしたけれど、途中でやめてしまったという人もいるでしょう。または、改善の兆しがあったからやめてしまった、という人も少なからずいるでしょう。実は、ハゲもリバウンドします。自己判断で治療を止めてしまうと元のハゲに戻ってしまうので、こういった人は治らない可能性が高いです。

 

②原因にあった治療法じゃない

ハゲになるにも、さまざまな原因があります。そのため、その原因にあった治療方法でないと治らない可能性が高いです。的外れな治療を続けている場合、それがどれだけ高額な治療であっても、意味がない、治らないという結果を招きかねません。

 

③放置しすぎた

ハゲが進行しているのにそれを無視して長期間放置してしまった場合、治療を受けても生えてこない、というケースもあります。例えば毛根細胞が死滅したときです。この細胞が活動するからこそ髪が生えてくるのですが、ハゲてくると毛根細胞の活動も鈍くなります。それを放置しているといずれは死滅してしまうので、治療を受けても手遅れになります。

 

4、生活改善するだけでは治りません

ハゲは良くない生活習慣が引き起こすと思っている人が少なくありません。確かに髪や頭皮にとって良くないことをしているなら、それは直ちにやめた方が良いでしょう。しかし、それを改善するだけでハゲが治るということではありません。生活習慣を見直すことは良いことですが、そうすればハゲが治るかというとそうではありません。

 

5、AGA内服薬の効果と副作用

①プロペシア

AGAの場合、複数種類の内服薬があります。例えば、プロペシアです。これはアメリカの会社が開発した内服薬で、AGAの原因と言われているDHTの生成を促す5α-還元酵素の働きを阻害する作用があります。結果的にDHTの生成を抑えることになるので、脱毛を少なくしてハゲを改善する効果が期待できるのです。しかし、人によっては肝機能が低下したりアレルギー反応が出たり、生殖器障害が起きたりといった副作用もあります。

 

②デュタステリド

デュタステリドもAGAの治療薬のひとつです。プロペシア同様、5α-還元酵素の働きを阻害する作用があり、単一の毛根から複数の毛が生える増毛の効果も期待できます。ただし、こちらも副作用があり、肝機能障害や黄疸、乳房障害や精力減退などが挙げられています。このため、そもそも重度の肝機能障害の人は使用が禁止されていて、それ以外にも女性や未成年、小児などは禁忌とされています。

 

③フィナステリド

フィナステリドもアメリカの会社が開発した内服薬です。男性のAGAのみに適応していて、やはりDHTの生成を促す5α-還元酵素の働きを阻害する作用があります。副作用もプロペシアと同様で、肝機能障害のある人は使えず、過敏症や生殖器障害、乳房障害などが挙げられています。万が一妊婦さんが使った場合、胎児が男の子の時には生殖器官の発育に影響する可能性も指摘されています。

 

④ザガーロ

サガーロは2015年に厚生労働省の承認を受けて、翌年に国内で販売が始まった、新しい内服薬です。男性のAGAを対象にした臨床試験において、毛髪数の増加が認められていて、頭頂部と前頭部の毛の太さも変化が報告されています。副作用としては、精力減退や精液量の減少、乳房の女性化などが挙げられています。

 

⑤ロゲイン

ロゲインは歴史が古く、海外では良く知られている内服薬です。ロゲインに配合されているミノキシジルという成分が有効で、頭皮の毛細血管を広げたり毛乳頭細胞を刺激したりする効果があります。ハゲが進行していても、新しい髪をはやすことが期待できると言われています。副作用としては、頭皮の発疹やかゆみ、かぶれ、頭痛やめまいが確認されています。代謝が変化する作用も認められていて、体重が増加したり手足がむくんだりといった症状も出ることがあります。

 

⑥フィンペシア

フィンペシアはインドの医薬品開発会社で製造され、一般的には後発医薬品という位置づけです。日本では未承認の内服薬なので、海外から取り寄せる形なら使用することができます。効果としてはプロペシアと同様で、フィナステリドが含まれており、生え際から薄くなっていくM字のAGAや頭頂部から薄くなっていくO字のAGAに有効です。副作用としては、乳がんや肝機能障害、男性機能の低下や蕁麻疹、食欲不振などが挙げられています。

 

⑦エフペシア

エフペシアもインドの医薬品開発会社が製造した後発医薬品です。2006年時点での売り上げは600憶円とも言われていて、多くの方に支持されています。フィナステリドが含まれていて、効能としてはプロペシアと同等です。また、抜け毛の減少だけでなく、髪質自体コシが出て良くなるとも言われています。副作用は男性機能の低下が挙げられていますが、自覚症状があるかどうかという微妙なレベルです。

 

⑧パントガール

パントガールとは、ドイツの製薬会社で開発された内服薬です。頭皮細胞や毛髪の健康維持に役立つパントテン酸カルシウムや、タンパク質の一種であるケラチン、肌の代謝をサポートするシスチンが配合されています。発毛に直で作用する内服薬ではありませんが、頭皮環境の改善など間接的にサポートすることが特徴です。副作用としては、胎児や乳児への影響が挙げられていて、妊娠中や授乳中の女性の服用は禁止されています。

 

6、ミノキシジル外用薬

・効果

外用薬としては、ミノキシジルという成分があります。これはもともと血管拡張剤として使われていたものですが、この副作用が全身の多毛症だったため、薄毛改善の治療薬として使われるようになりました。毛母細胞に直接働きかけるミノキシジルは、この細胞の分裂を活性化させることができ、髪の成長を早める効果があります。

 

・副作用

副作用としては、血管を拡張させるものなので、血管が広がる時に起こるむず痒さが挙げられます。この痒さによって頭皮を掻きむしってしまうこともあり、そうなると頭皮を傷つけたり炎症を起こしたり。ミノキシジルを配合するために使われている溶剤もアレルギーを起因させることがあります。

 

7、実際AGA治療はいくらかかるの?

①保険は使えない?

実際、AGA治療は費用がどのくらいかかるのか、気になるところですよね。AGA治療は、1ヶ月に1回くらいの通院が必要で、ほとんどが投薬治療となります。費用はクリニックによって多少異なりますが、診察料込で1回2万円前後が相場です。けっこう高いですよね。AGA治療は保険が適用されないために、費用がかかってしまうのです。

 

②どこまで治療を行うかにもよる

AGA治療は保険適用外ということで、どこまで治療を行うかは予算次第、ということになる人も少なくありません。予算があまりなくて、経済的にかなり負担になりそうだと感じる場合には、クリニックにその旨を伝えて、相談に乗ってもらいましょう。カウンセリングだけなら、ほとんどのクリニックは無料で行ってくれます。治療の必要性や改善するまでにかかりそうな費用など、予め聞いてみてはいかがでしょうか。

 

③クリニックによってもだいぶ違う

AGA治療は自由診療なので、費用はクリニックによってもだいぶ違います。自分が無理なく通院できる料金プランになっているかどうか、料金に対して納得できる治療内容になっているかどうかをチェックすると良いでしょう。また、後発医薬品を処方してくれるところもあります。こちらにすれば少しは費用が抑えられるので、自分の通院するクリニックに確認してみるのもひとつです。

 

8、効果を出すポイント

①継続する

AGA治療で効果を出すには、途中でやめないで継続するということがポイントです。髪がすぐに伸びないように、治療にも時間がかかります。効果を実感するまでには、体質や感じ方など個人差もあります。少なくとも最低3ヶ月~6ヶ月くらい、できれば1年間は継続した方が良いでしょう。

 

②継続するのに金銭的に無理がないものを選ぶ

先述のとおり、AGA治療は継続しなければ意味がなく、続けるためにはお金もかかります。治療方法などについては、金銭的に無理がないものを選び、続けることを第一に考えましょう。自分で満足のいく毛量になれば、その後は毛量を維持する服薬代だけで済みます。

 

9、個人輸入は危険がいっぱいある?

自分で試してみたいと思った内服薬が海外でしか買えなかったり、クリニックの処方では高くついたりといった場合もあるでしょう。こういった背景があると、個人で輸入しようかなと考える人も少なくありません。しかし、個人での輸入はリスクが高いです。有効成分の配合が表示の分量どおりではなかったり、偽造品だったりする可能性があります。個人輸入は安全性の保証もないので、避けた方が無難でしょう。

 

10、まだ深刻ではない場合は医薬部外品育毛剤を試してみる

ハゲがまだそれほど深刻でない場合は、医薬部外品の育毛剤を試してみるという方法もあります。医薬部外品の育毛剤としては、BUBKAがあります。毛髪成長作用のある海藻エキスなど全部で92種類の有効成分が配合されていて、脱毛を予防しながら育毛力をアップさせてくれます。これほど多種類の成分が入っている育毛剤は珍しく、どのような体質の方にも使えるものです。定期購入にすればかなり安く買えるので、長期間続けやすいという点も魅力でしょう。

ハゲは予防でどうにかなる?今すぐ始めたい予防法

 

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月19日  by bubka

関連する記事