このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛は病院で治療するべき?

薄毛が気になりだし病院で診察を受け専門の薄毛治療を考えているものの、病院で行われている治療方法が全くわからないため躊躇している人がいます。この記事では、まず薄毛治療を担う診療科目や病院で行われている具体的な治療方法、また失敗しないための病院選び等について病院の薄毛治療に関する役立つ情報をリサーチしお届けいたします。

1、薄毛の治療を病院でするメリットデメリット

①メリット

病院には薄毛治療を専門とする医者が在籍していますので診察や相談する事ができ、場合によっては血液や頭皮などの詳しい検査が受けられます。検査から身体の栄養状態や頭皮環境を確認し薄毛の原因が探り出され症状に対して改善効果の高い治療が期待できます。加えて病院は薄毛の状態に応じ薬を用いた治療が行われており、抜け毛の進行を抑え、発毛を促進するなど様々な内服薬や外用薬が処方されます。そのため薬を用いた複数の治療方法は病院治療の大きな強みです。

 

②デメリット

病院では一般的な疾患診療は保険適用となり治療費が負担となることはあまりないと考えます。しかし薄毛の治療の場合、保険適用外の自由診療となる場合があり、高額な治療費が最大のネックとなっています。そして治療は時間がかかるため治療回数も多くなり結果、治療費が嵩み経済的な負担が発生してしまいます。また治療の中心として用いられる薬は、人によって副作用のリスクがあります。このように高額な治療費と薬の副作用が病院治療の泣き所なのです。

 

2、一般病院と専門病院との違い

ここ数年で薄毛の治療を行う病院が増えてきましたが、病院によって治療の内容は異なっており事前に知っておく必要があります。まず内科や皮膚科等が治療を担う一般病院の特徴は、概ね薄毛の進行を遅らせるという考え方で行われています。一方、薄毛治療の専門病院は薄毛の進行を遅らせる治療も行っていますが、それ以上に発毛や育毛促進のために力を入れ、薄毛の根本的な原因を改善する治療が特徴です。

 

3、一般病院は何科で薄毛治療ができるのか

①内科・皮膚科

毛髪や頭皮は医学的に皮膚と定められていますので、一般的に薄毛の症状を治療するには皮膚科で診察を受ける人が多くいます。皮膚科では主に頭皮のかゆみや炎症が引き起こす薄毛と皮脂量が多いため脱毛症による薄毛等の治療が行われています。一方、身近な存在の内科でも薄毛の相談と治療に応じており、その主な内容は身体内部の体調不良が原因となり薄毛を発症している場合や過去の病歴が関係している疑いがある時は内科による診察と治療が必要になってきます。

 

②婦人科

昔の認識では薄毛は中年男性の悩みと言われていました。しかし今では薄毛は女性にとっても深刻な問題となっています。女性の抜け毛が増えて薄毛を引き起こす原因には更年期障害や生理不順等が考えられ、女性ホルモンが関係していることが多いため婦人科でも薄毛治療の診療を行っています。また病気ではないものの女性が出産後、一時的に女性ホルモンが減少してしまうため抜け毛が増え薄毛になるケースがありますので気になる場合は婦人科に相談下さい。

4、AGA専門病院などの薄毛専門病院とは?

AGAとは男性型脱毛症であり髪の毛が薄くなることを意味します。このAGAを専門に治療する病院にはAGAの治療実績と豊富な専門知識を有する医師が診療を行っています。そして一般の病院やクリニックにはない豊富な治療方法と精度の高い充実した検査体制、加えてAGAに悩んでいる方に配慮されたサービスの提供が特徴です。特に治療方法は一般病院の皮膚科等では薬治療となりますが、専門病院は薬以外の幅広い治療方法が揃っており要望や症状に対し提供してくれます。

 

5、一般病院の治療方法と料金

①治療法

一般病院の皮膚科や内科で行われている薄毛治療法は基本的に視診と投薬治療です。視診による頭皮や毛髪の状態チェックと問診による全身の健康を確認の後、概ね投薬による治療法が決まります。一般病院で処方されている薬は限定的ですが、代表的な薬には抜け毛を抑える成分や薄毛の進行を遅らせる効果が入った内服薬や外用薬が使用されています。投薬治療は注射や外科的処置と異なり医療費が抑えられ日常生活に支障をきたすことない継続性の高い治療法です。

 

②金額

治療費はAGAの場合、保険適用外となります。その理由は薄毛や脱毛が年齢や遺伝によるものであり、外見を気にして改善したいという美容目的と同様の治療とみなされているからです。そのため保険適用の治療費と比べると高額となってしまいます。但し、脱毛の原因がAGA以外の場合は、保険適応疾患として保険が適用されています。治療にかかる費用ですが一般病院の初診料は約3,000円となり、処方される薬代は6,000円から10,000円ぐらいです。

 

③目安の通院期間

まず薄毛治療の場合、一回の診療で治療は終わりません。何度も通院することとなります。一般病院の治療法は投薬治療が主流ですから通院は基本的には月一度となりその度、治療薬を処方してもらいます。治療薬の処方量が多ければ3ヵ月に一度の通院になるケースもあります。通院の目安となる治療期間は患者さんによって異なりますが、投薬の改善効果が表れるまで時間がかかります。一般的には早くても3ヵ月、人によっては半年となります。

 

6、AGA専門病院の治療方法と料金

①治療法

幅広い治療法が提供されているAGA専門病院では、一般病院と同様に投薬治療も行われていますが治療に用いられる薬の種類が豊富です。抜け毛を抑えるや脱毛の進行を遅らせるだけでなく発毛の促進効果をもたらす薬など多くの種類の投薬が行われています。投薬以外の治療法は、植毛をはじめ治療薬を直接頭皮に注入する方法や発毛に必要な成長要素を頭皮に注入し毛髪再生を促す方法など発毛の確率の高い治療法が提供されています。

②金額

一般病院と比べて検査体制や医療設備機器が充実し専門的な薄毛治療を提供しているAGA専門病院の治療費用は、自由診療となるため決して安い金額とは言えません。投薬治療も一般的な内服薬を処方された場合、検査代を含み初診料金は1万円前後、月の薬代は診察と合わせて15,000円から30,000円程度になります。その他、投薬以外の毛髪再生や投薬体内注入などの治療費用は、治療機器や薬の配合など条件によって異なりますが、1回の治療に約2万円から20万円となり中には100万円以上かかる治療もあります。

③目安の通院期間

治療方法や処方されている薬の成分や濃度と患者さんの体質等によって通院期間の目安を判断することは難しいですが、概ね治療効果が3ヵ月から半年で実感でき、薄毛の改善がはっきりとなるには1年間の通院が必要になってきます。また薬の服用をやめ

た途端、症状が悪化する場合があるため、薄毛が改善しても経過を視るため3ヵ月から半年に一度は定期診断を受けるため通院は継続したほうが良いと考えます。

7、病院を選ぶ時のポイント

①料金

診察や検査、薬など治療にかかわる料金は病院選びの重要なポイントとなります。理想の病院とは、患者さんが想定している診療料金で効果性の高い治療が提供されることです。ここで注意すべき点は薄毛の治療専門病院等は病院によって診療料金は異なっていますから診療料金が明確に開示されている病院を選ぶことです。最近は病院のホームページに診療料金の詳細や症例の治療費用が掲載されていますから、事前に必ずチェックしておくことをおすすめします。

 

②効果の高さが実証されているか

どのような病気でも治療を行う病院を選ぶときは、評判の良い病院を選んでいると思います。評判の良い病院とは、数多くの患者さんが通院し治療実績が豊富で改善効果の高い治療が提供されて患者さんの評価が高い病院です。その評価を事前にチェックし治療効果の高い病院を確実に選びましょう。そのためには病院の治療実績から薄毛や脱毛の症例パターンを確認、治療を行った数や治療内容を見ると、その病院の実力が見え治療効果の高さが判断できます。

 

③通う事にストレスがないところ

薄毛や脱毛の治療は1回の治療で終わらず長期間の通院治療となる場合が多いため、通院する病院は駅近くに立地し自宅や会社、学校から通いやすい環境にあることが望ましいです。また病院で診療待ち時間の長さは通院治療のモチベーション低下につながりますから、予約制の病院を選ぶことをおすすめします。その他、薄毛や脱毛治療ならではの悩みが他人の目です。診療個室が完備されている病院を選ぶと診察はストレスを受けず治療に専念できます。

 

8、まだ病院は早いと思う方は自宅でこっそり育毛剤を始めましょう

薄毛治療のため病院に出向くほどではないものの、自宅で頭皮のセルフケアを行い健康的な頭皮環境と発毛の促進を考えている人は、市販の育毛剤を用いて頭皮マッサージを行うと薄毛や脱毛リスクが軽減し、ハリと艶のある毛髪が蘇ります。一般的な育毛剤の成分には、抜け毛を抑制したり発毛の環境を整える成分が配合されています。頭皮をシャンプー洗髪し清潔にした後、育毛剤を塗布、指先で側頭部や後頭部などをゆっくりマッサージすると頭皮の血行が促進され栄養素が届き、発毛環境が整います。

ハゲは予防でどうにかなる?今すぐ始めたい予防法

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

 

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月20日  by bubka

関連する記事