このエントリーをはてなブックマークに追加

雨で薄毛になるって本当!?

雨に濡れると薄毛になると言われます。子どもの頃ならあまり気にもとめませんが、薄毛が気になる年齢になるとちょっと気がかりに。雨で薄毛になると言われる根拠はあるのか、噂の真相に迫ります。

酸性雨で薄毛になる?

雨に濡れると薄毛になる原因として、よくあげられるのが酸性雨です。本当に、酸性雨に濡れると薄毛になるのでしょうか。

酸性雨とは

酸性雨とは、工場や発電所、自動車の排気ガスなど、人間の活動で排出される二酸化硫黄や窒素酸化物など酸性の物質が大気中で光化学反応を起こして、硫酸や硝酸となって雨に溶けて通常より強い酸性を示す現象のことです。

強い酸性雨になると河川や土壌を酸性にして、生態系に影響を及ぼすほか、金属が錆びたり、コンクリートを溶かすなどの被害が発生します。

純水の㏗の値は7ですが、通常の雨は大気中の二酸化炭素が溶け込んでいるため㏗5.6になり、この数値を基準にして低いと酸性雨です。火山の近くや土壌がアルカリ性の土地など、周辺の状況で雨の㏗は変わってきます。

酸性雨では薄毛にならない

日本では、㏗値の高い酸性雨が降る心配はないと言われています。日本の通常の雨は、平均で㏗4~5の弱酸性です。人体に影響が出るほどの酸性雨ではありません。

人間の肌も弱酸性に保たれているため、影響はほとんど無いと言えます。もし強い酸性雨で頭皮が濡れたら頭皮がめくれるなどの大きなダメージを受けると言われています。少なくとも日本では、酸性雨で薄毛になることはないでしょう。

雨で薄毛になる原因

酸性雨は薄毛の原因ではありませんでしたが、雨に濡れることで薄毛になる可能性は否定できません。雨にどのような問題があるのでしょうか。雨と薄毛の関係を解説します。

雨で濡れると髪や頭皮のトラブルに

雨に濡れて薄毛になるのは、髪や頭皮を濡れたままにしておくことが原因。雨に濡れること自体が原因ではありません。髪が雨に濡れると、キューティクルが開いた状態になり、たんぱく質などが流出して髪を傷めます。

さらに、雨水に含まれるチリやホコリが毛根に詰まり、頭皮のトラブルを引き起こし、抜け毛が増え、薄毛になるでしょう。また、髪が濡れたまま放置すると、頭皮が雑菌の繁殖しやすい環境になり、抜け毛や薄毛に。頭皮が冷えて血行不良になり、頭皮や髪に十分な栄養が届かなることで薄毛になると考えられます。

雨に濡れた髪は早く洗って乾かす

雨に濡れたら、なるべく早く髪を洗いチリやホコリなどの汚れを落とすのが大事です。都市など空気が汚れていると思われる場所で雨に濡れた場合は特に注意しましょう。

そして洗髪したら早めに乾かすことが大切です。くしやブラシは髪が濡れた状態のときに、強くすくと髪を傷めるので注意が必要です。タオルで拭くときは、ゴシゴシ拭かずやさしく水分を拭き取りましょう。

ドライヤーも低めの温度に設定して時間をかけゆっくり乾かしてください。一気に高温で乾かすと髪を傷め、薄毛の原因になります。

雨で薄毛にならないために

雨に濡れたら薄毛になるという噂も、すべて間違いではありませんでした。酸性雨は薄毛には影響がないようなので一安心です。しかし、雨に濡れたらしっか髪や頭皮をケアすることが大切。雨に限らず濡れた髪はなるべ早く乾かすことが薄毛の予防につながります。

BUBKAでは、BUBKAスカルプケアシャンプー、独自開発のBUBKA育毛剤で抜け毛や薄毛、育毛のお悩みにお答えします。ぜひBUBKAの製品をお試しください。

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月2日  by bubka-press

関連する記事