このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に短髪がよい理由とおすすめの髪型を紹介

薄毛が気になる方、髪型を短髪にしてみませんか。実は、短髪は見た目の問題だけではなく、薄毛にはメリットがあります。ポイントを抑えた短髪で、薄毛を克服してみましょう。

薄毛に短髪がよい理由

どうして薄毛に短髪をすすめるのか、そのメリットをお伝えしましょう。

頭皮がいつも清潔

薄毛、抜け毛の原因として、皮脂や雑菌による毛穴のつまりがあげられます。薄毛にしておくと、直に指の腹で頭皮をマッサージでき、シャンプーのときに毛穴の汚れを落としやすくなります。また、短髪だと髪の毛が乾きやすいので、雑菌の繁殖を抑えることもできます。

毛根へのダメージが少ない

ロン毛や長髪は、常に髪の毛の重さが毛根にかかっている状態にあり、ダメージとなります。また髪の毛が絡みやすくなるため、ブラッシングのときに毛根に大きなダメージを与え、抜け毛や炎症の原因になりやすいのです。

短髪だと、髪の毛の重さは軽くなるため、毛根にかかるダメージが少なくなります。毛根に負担がかかるようなブラッシングもなくなるため、薄毛の方には適した髪型といえるでしょう。

育毛剤が浸透しやすい

短髪だと、育毛剤が髪の毛にジャマをされずに地肌に直接届きます。そのため育毛剤も浸透しやすくなるのです。また、頭皮マッサージも地肌に直接働きかけることができるため、薄毛予防にも効果が期待されます。

薄毛が目立たないおすすめの短髪

どのような髪型が薄毛の方におすすめなのかをご紹介していきましょう。

ソフトモヒカン

頭頂部の髪はまだ薄くない方におすすめです。後頭部とサイドを薄くして、トップを立たせてボリュームを持たせます。短髪ですが、ある程度の長さが欲しい方向け。セットもしやすく髪の毛も乾きやすいため、薄毛対策には効果的です。

ツーブロック

サイドをしっかりと刈り上げて、頭頂部のボリュームを際立たせることで、薄毛が目立たなくなります。おでこのM字が気になる方には、前に髪を持ってくることもできます。

ショートレイヤー

前髪は垂らしたいという方におすすめの短髪スタイルです。全体は髪に段差をつけるレイヤーカット、耳まわりはスッキリと短めにカットします。ある程度の長さが必要ですが、おでこの生え際の薄さをカバーできる髪型です。

ボウズ

思い切って全体を短くしつつ、トップを少し残して全体をツンツンにすることで、おしゃれなボウズを意識しましょう。中途半端に残すよりも、思い切った短髪にすることで、全体的な薄毛をカバーできます。

今回ご紹介したもの以外にも、短髪スタイルはたくさんあります。自分の薄毛のパターンや髪の毛の量、ご自身のイメージに応じて、似合う髪型を選んでみましょう。

薄毛を短髪でカバーしつつ、頭皮の改善を

短髪にすることで、ファッション性を持ちつつ薄毛対策につなげることができます。しかし、それだけでは根本対策にはなりません。きちんとしたヘアケアを行い、薄毛の対策を行うことで、髪型の自由度もさらに広がります。そのためには、育毛剤を活用して頭皮の改善を行うことも必要です。

頭皮の改善におすすめなのが、独自開発で薄毛、抜け毛の悩みを解決する育毛剤BUBKAです。5つのこだわりであなたの頭皮改善に、有効に働きます。ぜひBUBKAをお試しください。

満足度98.1%の濃密育毛剤BUBKAはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月6日  by bubka-press

関連する記事