薄毛の原因

その抜け毛!ストレスが原因かも?

最近抜け毛が増え、ストレスが原因ではないかとおもっている方!今回の記事ではストレスと抜け毛の関係を説明していきます。抜け毛の対策をしていても、ストレスが原因で抜け毛が増えている場合は抜け毛の対策だけではなく、ストレスに対しての対策も必要になってきます。

まずは自分の抜け毛の原因をしる事から始めましょう!

 

1、ストレスと抜け毛の関係

「ストレスで抜け毛が増えた」という話を耳にすることがありますが、ストレスで抜け毛が増えるというのは、一体どういう仕組みなのでしょうか。そもそも過度なストレスを受け続けると、人の体にはさまざまな不調が表れます。その一つが、抜け毛なのです。

2、ストレスが抜け毛を増やす理由

ストレスにより抜け毛が増える理由としては、ストレスにより引き起こされる次のような要素があげられます。

①血行不良

ストレスを受けると、人の体は緊張状態になり、血管は収縮します。一時的なものなら良いのですが、継続的にストレスを受け続けていたり、過度なストレスが重なったりすると、人の体は常に緊張状態となり、血行不良になることがあります。

血行不良の体では、必要な栄養が体の必要な箇所にきちんと行き届かず、それが頭皮でも起きて、髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、抜け毛が増えることも考えられます。

②頭皮が硬くなる

血行不良とも関係していますが、緊張状態が続くと、体は凝り固まってしまいます。肩こりや首のこりの原因にストレスがあげられることがありますが、頭皮も凝って硬くなってしまうことが考えられます。

③皮脂の過剰分泌

過度なストレス、慢性的なストレスは、ホルモンバランスの乱れを引き起こすことがあります。このホルモンバランスの乱れにより、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えるということもあるようです。特に、食生活やヘアケアの方法は変わらないのに頭皮が脂っぽいというときは、ホルモンバランスの乱れが原因という可能性があります。

④睡眠不足

ストレスがたまっていると、眠りたいのに眠れずに、睡眠不足に陥りがちです。あるいは、ストレスがたまるような生活では、そもそも十分な睡眠時間が取れず、慢性的な睡眠不足になっているということもよくあるケースです。

睡眠時間は、頭皮にとっては、日中のダメージを回復し、髪の成長を促すために大切な時間です。その時間が不足すると、髪の毛の正常な成長が妨げられ、抜け毛につながってしまうこともあり得ます。

⑤亜鉛不足

髪の毛を構成する主な成分はケラチンというタンパク質です。ケラチンの合成には亜鉛が欠かせません。しかし、人がストレスを受けると、その反応の過程で活性酸素という体に害のある物質が生まれてしまい、この活性酸素に対処するために亜鉛が消費されてしまいます。

つまり、過度なストレス、慢性的なストレスを受け続けていると、髪の毛を作るための亜鉛が不足してしまい、抜け毛が増えるということも考えられるのです。

⑥内臓・消化機能の機能低下

ストレスで胃が痛いという話はよく聞きますが、過度なストレス、慢性的なストレスは自律神経のバランスを乱し、内臓や消化器官の機能低下を招きます。内臓や消化器官には、体にとって必要な栄養を吸収し、必要な場所まで届く状態にしたり、逆に体に害のある物質を分解・排除したりする働きがあります。

これら内臓や消化器官の重要な機能が低下すると、当然、体に必要な栄養が必要な場所まで行き渡らなくなり、さらに体に害のある物質が残ることになり、頭皮環境も悪化します。結果的に、抜け毛が増えることも十分に考えられます。

3、ストレスによる抜け毛の特徴は?

ストレスによる抜け毛の特徴としては、ストレスだけが原因というよりも、食生活や生活習慣など他の原因と合わさって抜け毛につながるのが、多いパターンかと思います。この場合は、少しずつ抜け毛が増えるように感じられます。一方で、急激なストレスがあった場合は、急に抜け毛が多くなったと感じられることもあります。

判断が難しいところですが、あきらかに異常な抜け毛があった場合は、まずは一度医療機関で診断を受けることをおすすめします。そうでない場合は、まずは食生活や生活習慣の改善により、ストレスを軽減するようにしましょう。

4、ストレスが原因で起こる脱毛症

ストレスが原因で起こる脱毛症として、次のような脱毛症があります。

①円形脱毛症

円形や楕円形の抜け毛が急に起こる脱毛症です。脱毛症の中ではよく知られた脱毛症ではないでしょうか。10円ハゲといわれるような、10円玉ぐらいの大きさの抜け毛をイメージしがちですが、もっと広範囲の脱毛を起こす場合もあります。

円形脱毛症の原因には諸説あり、自己免疫疾患やアトピー性疾患、遺伝的要素も原因になるといわれていますが、その原因のひとつとして、ストレスもあげられています。

②びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、髪の毛が全体的に細くなり、抜けやすくなり、ボリュームが減っていく脱毛症。女性に多い脱毛症です。原因としては、ホルモンバランスの変化、食生活・生活習慣の偏りなど、ストレスと関係の深い脱毛症です。この他、誤ったヘアケアが原因となっていることもあります。

③抜け毛症

他の原因と違い、髪の毛が抜けるのではなく、髪の毛を抜いてしまう症状。ストレスを発散する方法として、無意識のうちに髪の毛を抜いてしまう癖がついてしまっている状態から、癖が悪化して日常生活に支障をきたすほどになってしまうこともあります。抜け毛症の場合は、あきらかに精神的に何か大きなストレスや原因があると考えられます。

5、あなたの抜け毛ストレスが原因かも?こんな事していませんか?

ストレスの原因はさまざまですが、生活習慣や食生活がストレスを加速させてしまうこともあります。逆に、次のような生活習慣を見直すだけで、ストレスが軽減されることもあります。また、生活習慣が改善することで、多少のストレスにも耐性がつくということもあります。

①寝る前にベットでスマホをいじっている

寝る前にスマホやPCの画面を見ると、脳が覚醒してしまい、良質な睡眠の妨げになります。日頃、なかなか眠れないという人が、寝る前のスマホやPC操作をやめるだけで、すぐに眠れるようになったという話もあります。

②寝る前に熱いお湯につかる

入浴は体をリラックスさせる効果的な方法の一つですが、熱過ぎるお湯は逆効果です。眠りにつくためには副交感神経が優位になることが必要ですが、熱いお湯は逆に交感神経を活発にしてしまいます。体がリラックスするための理想のお湯の温度は40℃以下といわれます。特に42℃以上のお湯につかっている場合は見直しが必要かもしれません。

③シャワーだけの入浴

忙しいとついシャワーだけの入浴ですましてしまうことも多いと思いますが、シャワーだけでは、汚れは落ちるものの、お湯につかる入浴のときのようなリラックス効果はあまりありません。特に、体や頭が凝っていると感じるときや、なかなか眠れないというときは、シャワーだけでなくしっかりお湯につかって体をリラックスさせることが必要です。

④運動不足

適度な運動はストレス発散になりますが、逆に運動不足はストレスにつながります。運動不足が続くと血行不良や筋力が低下して、体がだるくなる他、体の不調が起こりやすくなります。また、脳は疲れているのに体は動かさず疲れていないという状態は、寝つきを悪くしてしまい。それもストレスにつながります。

⑤栄養不足・過度なダイエット

栄養不足や過度なダイエットは、体にとって生命維持に関わることであり、肉体的にも精神的にも大きなストレスになります。カロリーを減らす場合も、体に必要な栄養とエネルギーは確保するようにして、食事制限がストレスになりすぎないようにメニューやペースを工夫すると良いでしょう。

⑥カップ麺やインスタント食品

カップ麺やインスタント食品は、たまに食べる分には問題ありませんが、日常的な食事にしてしまうと、栄養が偏ってしまいます。特に、ビタミンやミネラルが不足しがちで、行き過ぎると体のだるさや、直接的にイライラした気持ちも引き起こすことがあります。

⑦濃い味付けの食べ物

濃い味付けの食べ物は、塩分や糖分、脂質過多になりがちです。塩分、糖分、脂質の過剰摂取を続けていると、体のさまざまな場所に不調が起こり、バランスが崩れていきます。また、ビタミンやミネラルなど体を調整するのに必要な栄養が不足することも、悪影響です。

逆に、ストレスが溜まっているときに濃い味付けの食べ物を食べたくなるということや、ストレスで味が分かりにくくなって濃い味付けになってしまうということもあります。味覚に変化が生じたら、要注意です。

⑧不規則な生活

不規則な生活をしていると、自律神経など体を調整する機能が乱れます。それがストレスをたまりやすくしてしまいます。規則正しい生活を強制しすぎるのも逆にストレスですが、体が調子よくはガラクタ目には、ある程度の規則正しさが必要です。

⑨1日中家の中で過ごす

1日中家の中で過ごすことで、運動量も減りますし、太陽光にあたることも少なくなります。一日の変化や季節の変化が分かりにくくなることで、体内時計も乱れやすくなります。こういったことが、ストレスにつながります。特に太陽光は、うつ対策としても知られるぐらい重要なものです。

6、ストレス発散方法

ストレス発散方法は、人によってさまざまですが、どんな人にも共通する方法として次のようなものがあります。

①良質な睡眠

睡眠は本当に大切です。睡眠を十分に取るだけで、多少のストレスは解消しますし、体の不調も良くなります。ただ、ストレスがあるから眠れず睡眠が不足するということも多いので、他の方法と合わせて、しっかり睡眠が取れるような状態を作りましょう。

②入浴

40℃以下のお湯にゆっくりとつかることで、体の副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。よりリラックスするために、入浴剤やバスソルトを使うのもおすすめです。

③食生活の見直し

脂質、タンパク質、炭水化物のバランスを良く、ミネラルやビタミンなど不足しがちな栄養もきちんと摂れるように、食生活を見直しましょう。忙しくて自炊の時間が取れず、外食やコンビニ・スーパーのお惣菜に頼る場合も、バランスを意識して選ぶものを変えるだけで、食生活を改善することができます。どうしても不足する部分はサプリメントを活用しましょう。

④有酸素運動

適度なウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、血行を促進し、ストレス発散にもなります。ただし、過度の走り込みや筋トレなどは、体を鍛える分には良いですが、ストレス発散方法としては適していないので注意しましょう。

わざわざ運動と考えるとストレスになるようなら、一駅歩いたり、階段を使ったり、ちょっとした運動の頻度を増やすようにすると自然と運動量が上がります。

⑤頭皮マッサージ

頭皮の血行不良の改善も期待できます。凝っているところを痛気持ち良いぐらいの力加減でマッサージしてあげましょう。シャンプーをお湯で流すときや、ドライヤーで乾かすときが、ほぐしやすくおすすめです。

⑥ツボ押し

頭皮マッサージと同じく、血行不良の改善も期待できます。ストレスを受けると人の体は緊張して凝りますが、その凝りをほぐすことで逆にストレスも緩和されます。特に、首回り、肩回りの凝りがひどいという人が多いので、入念に。家族など他の人に押してもらうとより気持ち良さが増しますが、最近は一人でも便利かつ手軽にツボ押しができるグッズもあるので、どんどん活用しましょう。

⑦喫煙を控える

ストレスで喫煙をするという人は多いと思いますが、体にとっては喫煙こそがストレスです。とはいえ無理に喫煙を止めると余計にストレスになることが多いので、少しずつ減らしていけると理想です。喫煙の代わりになるものを見つけられると、喫煙を控えやすくなります。

⑧リラックスする時間

日常の中にリラックスする時間を意識して設定しておくと、そもそもストレスがたまるのを防ぐことができます。たとえば、好きなハーブティーを飲む時間であったり、好きな音楽を聴く時間であったり、ストレッチをする時間であったり、ただぼーっとするのでも良いのですが、一日の中に習慣としてリラックスできる時間を作るようにします。

⑨病院や専門施設でのケア・カウンセリング

日常生活に支障が出るほどのストレスがあるのならば、一度、病院や専門施設でのケア・カウンセリングを受けることをおすすめします。重度のストレスになってくると、ストレスでおかしいことも気づきにくくなりますが、いつもやっていたことができない、感情や行動がコントロールしにくくなってきたなど、普通とは違うことがあれば、まずは病院や専門施設に相談しましょう。

7、ストレス軽減に効果的な栄養素

ストレスには、毎日の食事で摂る栄養素も影響しています。食事で補えるのが一番ですが、難しい場合はサプリメントも活用していきましょう。

①動物性たんぱく質

動物性たんぱく質は、特にダイエットなどで避けられがちですが、体内で合成することのできない必須アミノ酸を含む、体にとって必要なたんぱく質です。また、ストレスを受けたときに体内では血圧や体温、血糖値などが上昇し、ストレスに対抗する状態を作ります。この際にもたんぱく質が必要です。

②チロシン

チロシンはアミノ酸の一種。脳内ではドーパミンを生成するために必要な栄養素です。チロシンをきちんと摂ることで、ストレス状態からの改善がしやすくなる可能性があるようです。

③ビタミンB1

ビタミンは体のさまざまな機能の調整を担っていますが、ビタミンB1はその中でも、脳の中枢神経の働きに関わっています。ビタミンB1が不足すると、気持ちが落ち込んだり、不安定になったりしやすくなる可能性があります。

④パントテン酸

パントテン酸はビタミンB群の一種。エネルギー代謝を助ける働きの他、ストレスに対抗する体の機能に関わっています。

⑤カルシウム

カルシウムは脳の興奮を抑える働きがあります。イライラはカルシウム不足といわれることがあるのは、このためです。カルシウムは体内では骨に貯蔵されており、カルシウムが不足するとまず骨からカルシウムが放出されます。このため、カルシウム不足が続くと骨が弱くなり、不足が補えないほどになると当然脳の働きにも悪影響が考えられます。

⑥マグネシウム

マグネシウムも、脳の中枢神経の働きに関わる栄養素のひとつです。また、ストレスを受けるとマグネシウムが尿中に排出される量が増えるという説もあります。

8、ストレスによる抜け毛の対策法

抜け毛が増えるほどのストレスは、そもそも頭皮だけでなく体全体に悪影響を与えているはずなので、早急にストレス解消法をはじめとした対策を行う必要があります。

ストレスの大きな原因というのは、人間関係であったり、仕事のことであったり、すぐにどうにかできないことの方が多いですが、それと合わせて、今回紹介したような食生活や生活習慣がストレスを加速させていることも多いパターンです。まずはそちらの改善から行うことで、ストレスもそれほど大きく感じられなくなるかもしれません。それが結果的に、抜け毛の対策にもなるでしょう。

 

 

抜け毛とストレスは密接に関係しています。抜け毛の対策だけではなく自分の健康状態やストレス状態をしっかりと理解した上で対策をしていきましょう!

髪の毛はなくても生きていけると体が判断しているものなので後退するのが速いのが特徴です。自分の健康状態が良くないとき生命維持に関係のないものの機能は著しく低下します。

薄毛の改善には健康状態の改善が必ず必要になります。生活習慣の見直しから始めていきましょう。

抜け毛は薄毛の第一歩原因を知り対策をしよう

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

ピックアップ記事

  1. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  2. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  3. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  4. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?

関連記事

  1. ストレスは薄毛の原因に?

    薄毛の原因

    ストレスは薄毛の原因に?

    薄毛の原因は数多くありますが、今回は代表的な原因であるストレスを取り上…

  2. 今すぐチェック!知っておきたい薄毛の前兆

    薄毛の原因

    今すぐチェック!知っておきたい薄毛の前兆

    「薄毛に前兆ってあるの?」と疑問をお持ちのあなた。薄毛にはちゃんと前兆…

  3. 薄毛対策に効くサプリの見極め方

    薄毛の原因

    薄毛対策をサポートするサプリの見極め方

    薄毛対策には、本当に効果のあるサプリを選ばなければ、意味がありません。…

  4. 薄毛の原因

    毛根からわかる抜け毛の原因と、毛の健康状態

    毎日、枕や床に髪の毛が落ちているのを見ると憂鬱になりますが、じっくり観…

  5. 薄毛の原因

    どうして薄毛になるのか?その原因と対策はコレ!

    実に日本の男性の4人に1人が気にしていると言う薄毛。しかし男性に限らず…

  6. 抜け毛と食べ物の関係性について

    薄毛の原因

    抜け毛と食べ物の関係性について

    抜け毛に困っていると、一番最初に気にしたいのは、普段の食べ物です。抜け…

PAGE TOP