薄毛の原因

頭皮の日焼けは薄毛の原因にもなる?対策と対処法

年齢を重ねるごとに薄毛が気になる方、多いのではないでしょうか。薄毛の原因はさまざまな要素がありますが、「頭皮の日焼け」もその1つです。特に夏場は太陽の光を浴びることが多くあります。そのため、頭皮が常に紫外線にさらされていることになります。それによって引き起こされる日焼けは、今生えている髪の毛だけでなく、頭皮自体に深刻なダメージを与えることがあります。ここでは、頭皮の日焼けと対策について詳しく説明していきます。

1、頭皮は日焼けをしている

私たちの普段の生活は、太陽の光を浴びる機会が多くあります。イコール紫外線を浴びているということになります。紫外線というと、日焼け止めを体や顔だけに塗るなどの対策をしている方が多いと思います。しかし、頭皮は1番最初に紫外線があたる場所のため、頭皮の日焼け対策もする必要があるのです。では、室内だと安全で頭皮は日焼けしないのかというわけではなく、窓際などガラス越しに紫外線を浴びているということも往々にしてあるのです。

2、頭皮が日焼けする事で起こるトラブル

①頭皮にある細胞が光老化する

紫外線の影響によるダメージが、何かしらの形で現れることを「光老化」と呼びます。年齢に関係なく起こるもので、代表的なものがシミやシワです。紫外線がメラノサイトというシミの原因となるものを活性化させてしまうこと、コラーゲンを減らしてしまうといったことが原因で光老化が起こってしまいます。髪の毛が光老化してしまうと、中のタンパク質もなくしてしまうため切れ毛が多くなってしまいます。そして、頭皮に起こってしまうと乾燥してしまい結果、薄毛になってしまうのです。

②頭皮が乾燥する

紫外線があたることによって、頭皮が乾燥を引き起こしてしまいます。フケやかゆみなど頭皮トラブルに繋がることがあり、そうなると無意識のうちにかきむしり止まらなくなってしまいます。さらに、頭皮を傷つける…という負のスパイラルが起こってしまいます。頭皮が乾燥した場合、頭皮を守ろうとするあまりに皮脂が過剰分泌してしまい、その皮脂がエサになる細菌や真菌が繁殖してもっと炎症してしまうというさらに炎症の増悪を招いてしまうといった悪循環にもなりかねません。

③髪の毛の色がおちて白髪になる

頭皮に浴びた紫外線は、髪の毛を黒くする色素を作る、色素幹細胞に大きくダメージを与えます。そうなると、黒い髪を作りだすことができないため、白髪が増えてしまうのです。分け目に多く白髪がある人を見かけたことがあると思います。それは、紫外線ダメージの影響も多くあるのです。分け目の頭皮は、他の箇所に比べるとダメージを受けやすい場所です。このようなことがあるため、頭皮が乾燥してしまうことは白髪の原因になっていると言えます。

④切れ毛や枝毛の原因となる

頭皮の乾燥は、切れ毛や枝毛の原因にもなります。紫外線を強く浴びてしまうと髪の毛のキューティクル自体の結びつきが緩くなり、洗髪するごとにタンパク質や脂質などが流れ出していってしまいます。その結果、髪の毛にツヤが見えなくなり、パサパサゴワゴワのした手触りになってしまいます。乾燥し、髪の毛の成分が蒸発してしまうことも切れ毛や枝毛の原因になりえますので、5月~9月の紫外線が強い時期には、紫外線をカットする必要があります。

3、頭皮の日焼けは予防が大切

①日傘や帽子

日傘や帽子は紫外線カットのために1番取り入れやすいグッズです。直射日光を避けるには最適な方法。ただし、長い時間帽子を被り続けていると頭皮が蒸れてしまい、痒みを引き起こしてしまうため、通気性と通風性を意識することが大切です。日傘もすぐに用意することができます。実は、晴れの日だけでなく曇りの日も紫外線は降り注いでします。そのため、日差しが強くない日にも使用することが大切です。

②日焼け止め

頭皮に日焼け止めを塗ることも乾燥を防ぐのに有効です。頭皮に日焼け止めというのもあまり聞き馴染みがないと思いますが、クリームやローション、パウダー、スプレーなどさまざまなタイプの日焼け止めがあります。クリームやローションタイプの日焼け止めは、とても質感がよくて、ノビもあります。重たい質感が嫌だという人のためにはベストなつけ心地の良さです。パウダータイプも柔らかいつけ心地ですが数時間ごとにつけ直す必要があります。スプレータイプは汗をかいても流れにくいという特徴がありますが少し刺激のある成分があるので気になる人はやめておく方がいいかもしれません。

③分け目を変える

分け目を変えることも乾燥対策になります。先述の通り、頭皮は直射日光にあたり紫外線にさらされており、特に分け目の部分は髪の毛で覆われていない分他の箇所よりも紫外線にさらされる度合いが大きいです。そのため、分け目の部分は乾燥も強く出てしまうことがあります。自分がいつも慣れている分け目があるとは思いますが、夏の間は、何日かごとに分け目を変えるとその部分だけが酷い直射日光を浴びずにすんで乾燥を抑えることができます。

4、日焼けをしてしまった時の症状別の対処法

①痛みや炎症がある時の対処法

痛みや炎症がある場合は、炎症を抑えるために患部を冷やす必要があります。要は頭皮がやけどしている状態と同じですので、まず冷やします。冷やす方法は、保冷剤をあてたり濡れタオルをあてます。そして、シャワーのときは、低めの38度くらいのお湯でゆっくり洗います。日焼けしているということで頭皮はかなり敏感になっています。刺激をしすぎないようにガシガシ爪を立てないように洗います。もし、シャンプーが染みてしまうときは水洗いのみにしておきます。

②かゆみの対処法

頭皮はお肌と同じように、乾燥に弱いです。そのため、乾燥しているところに保湿剤をしっかりと塗るようにしましょう。顔のお肌と同じ保湿剤を塗ってもいいですが、頭皮用として売り出しているものもありますのでそれを塗りましょう。また、頭皮のかゆみが酷いときには、ドライヤーの熱も大きなダメージを起こす原因になります。そのため、ドライヤーで乾かす時には、先にタオルで水分をぬぐい取り30センチほど離して熱風をあてるようにしましょう。さらに、なるべく短時間で乾かすようにしましょう。

③フケの対処法

フケの対処法で大切なポイントは、洗髪の方法ですが、何度も洗髪することはやめておきましょう。地肌に必要な水分や油分まで洗い流してしまうと別のトラブルを引き起こしてしまいます。洗髪は1回で十分です。そして、洗髪をするときは先にブラシを通して、絡まないようにしておきます。刺激を与えすぎないように優しく、指の腹でもむように洗うといいです。後頭部から耳の周り、そして頭頂部へと、順番を間違えないようにすることもポイント。そして、最後は十分な時間をかけて丁寧にすすぐようにします。

④膿や汁が出ている時の対処法

膿から出てくる汁のことを「浸出液」といいます。この浸出液は、乾燥してしまってひび割れた傷などから出てきます。浸出液が出ているということはかなり乾燥しています。そのまま放置しておくともっと酷くなっていくため、症状がかなり気になるときには皮膚科を受診する方が早く治ります。皮膚科へ行くほどでもないときは、市販の薬を塗るということもできます。しかし、普段のシャンプーが自分に合っているか?はきちんと見直しておく必要があります。

5、赤みが続く場合は皮膚科を受診しよう

赤みが続いている場合は、状態が悪くなっていることがあります。髪の毛が細くなったり抜けていく可能性もありますので、皮膚科やクリニックへ受診した方いいでしょう。どちらにしても、1度頭皮の状態をみてもらうことが大切です。医療機関にかかることで、乾燥の状態や自分にあった対処法についてもきちんと指導してくれます。多くの場合は、その場で塗り薬を処方してくれますので毎日塗るようにして改善を目指していきます。1日2日で治るものではないので根気よく塗っていきましょう。

6、日焼けをしてしまった時に注意する事

①シャンプーやシャワーは気を付けよう

頭皮が日焼けをしてしまった場合は、シャンプーを選び直したりシャワーの仕方も気をつける必要があります。まず、自分が使っているシャンプーを確かめて見てください。主なチェックポイントは、保湿効果があるか?お肌に優しい成分でできているか?値段は続けやすいか?は、押さえておくところです。そして、シャンプーを選んだあとは、シャワーの方法です。大切なのは、温度を上げすぎないことです。温度が高すぎるとさらに乾燥を招いてしまいますので注意しましょう。

②描かないようにしましょう

頭皮が乾燥するとかなり痒みが伴います。かかないといられない程痒いこともあると思いますが、我慢です。爪を立ててかきすぎると、頭皮が刺激されてしまい炎症を起こし、膿ができてそこから汁が出てきたり、フケが出てきます。最終的にかさぶたになりますが、そこがまた痒くなり…のループにハマってしまいます。こうなると余計に状態が酷くなる一方ですので、どうしても痒い場合はかかずに薬を塗りましょう。

頭皮ニキビの原因と対策法

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

ピックアップ記事

  1. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  2. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  3. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由

関連記事

  1. 薄毛の原因

    あなたの抜け毛を進行させている食事8選

    抜け毛にはいろいろな要因がありますが、多くの場合、生活習慣が影響して…

  2. お酒好きは注意!アルコールは薄毛の原因になる

    薄毛の原因

    お酒好きは注意!アルコールは薄毛の原因になる

    「お酒も薄毛の原因になる」というのは、薄毛改善に取り組む私達にとっては…

  3. 20代ではげてしまうのはなぜ?

    薄毛の原因

    20代で薄毛になってしまうのはなぜ?

    20代はハゲとは無縁と思われがち。しかし、20代で薄毛に悩む人は意外に…

  4. はげの兆候を見逃さない!はげ対策の第一歩

    薄毛の原因

    はげの兆候を見逃さない!はげ対策の第一歩

    はげにも兆候があり、早期に気がつけば、適切な対策をとることができます。…

  5. その食生活が薄毛につながる!?食生活と薄毛の関係

    薄毛の原因

    その食生活が薄毛につながる!?食生活と薄毛の関係

    薄毛の原因のひとつに、食生活があることをご存知ですか?偏った食生活を続…

  6. 薄毛とストレスの関係について

    薄毛の原因

    薄毛とストレスの関係について

    薄毛の原因には様々あります。食生活やホルモンバランス、不適切なヘアケア…

PAGE TOP