薄毛の対策

「薄毛対策に効果的なサプリメントの見極め方」

薄毛の対策にサプリは本当に効果があるのか?

薄毛の対策は育毛剤やシャンプーのイメージが多いですが、サプリメントや食事の改善などの内側からのサポートも本当は大切だったのです。髪の毛を作る工場に人がいても作る材料がなくては髪の毛は作れないのです。

髪の毛の元となるもの、製造にひつようなもの、製造を助けるものなど内側からしっかりサポートする事で、薄毛の改善にとても効果的といえるでしょう。

今回は育毛を内側からサポートするサプリや食事について詳しくみてみましょう!

目次

1、薄毛には外側からだけではなく内側からのアプローチも効果的?

薄毛対策というと、育毛剤や育毛シャンプーなどの外側からの対策がまず思い浮かぶかもしれませんが、外側からだけでなく内側からの対策も重要です。

髪の毛は、毛根の周辺にある毛母細胞が増殖、分化することにより成長していきます。この毛母細胞は、周囲の毛細血管から必要な栄養を吸収して、増殖、分化していきます。しかし、毛母細胞が正常に働くための栄養が運ばれてこなかったらどうでしょうか。いくら外側から対策をしても、新しい髪の毛を作り、成長させることは難しくなるでしょう。

つまり、薄毛対策は、外側からの対策と同時に、内側からのアプローチを行うことで、より効果的になるのです。

 

2、内側つまり体内環境を育毛に良い環境に改善する方法

内側からの薄毛対策は、第一に日頃の食事が重要です。バランスの取れた食事をとるだけでも、体内環境が良くなり、育毛に良い環境が整います。それがなかなか難しい場合、または対策を強化したいならば、サプリメントで必要な栄養素を重点的に補うのも良いでしょう。また、育毛に良い体内環境のためには、必要な栄養を補給するのと同時に、不必要なものをとらないようにすることも大切です。

①食事で栄養バランスを整えよう

毎日の食事は、栄養バランスを整えるために欠かせないものです。サプリメントで栄養の補助はできますが、サプリメントが効果的に働くためのベースを作るのは、やはり一日三食の食事です。

内側からの薄毛対策、つまり育毛のために体内環境を整えるならば、炭水化物、タンパク質、脂質、そしてビタミンやミネラルをバランスよく取れる食事が理想です。ダイエットのために糖質(炭水化物)を控えたり、脂質を落としたりという食事法はありますが、髪と頭皮のことを考えるならば、偏った食事はせず、適量をバランス良くとるのがベストです。

②サプリメントで食事でカバーできない部分を補おう

とはいえ、毎日の食事で必要な栄養を全て満たすのは、忙しい毎日の中では簡単なことではありません。そこで、一度、一日の平均の食事を振り返り、どの程度の栄養を取れており、過不足はどこに起きているのかを見直してみると良いでしょう。

その上で、過剰になっているものは控え、不足しているものはサプリメントで補うと、無理をせずに食事のバランスを取ることができます。

③AGAプロテインって知っていますか?

薄毛の内側からの対策として「AGAプロテイン」なるものがすすめられることがあります。名前からすると、AGAに関係するプロテインのようですが、どのようなものなのか、またAGAに対する効果があるのでしょうか。

・AGAプロテインとは

AGAプロテインとは、もともとは「スカルプD」などの薄毛対策商品で有名なアンファー(株)の商品で、AGA(男性型脱毛症)対策のためのプロテインです。プロテインに加えて、AGA対策のための他の成分も入っているため、「AGAプロテイン」と呼ばれているようです。

髪の毛はアミノ酸(タンパク質)でできており、髪の毛が成長するためにアミノ酸は必ず必要です。もし、日頃の食事でアミノ酸(タンパク質)が不足しているのであれば、プロテインでアミノ酸を補うのも一つの方法でしょう。またその際に、他の不足しがちな栄養素も一緒に補うことができれば、より効果的でしょう。

・どんなAGAプロテインが効果的なの?

「AGAプロテイン」自体はアンファーの商品ですが、同類のプロテイン製品は他のメーカーからもいくつか販売されているようです。どのようなAGAプロテインが効果的なのでしょうか。ポイントは、プロテインの原材料に何を使っているのかと、プロテインの他にどんな栄養が入っているのかです。

⑴ホエイプロテインとソイプロテイン

プロテインは、原材料の違いによって、ホエイプロテインとカゼインプロテイン、ソイプロテインとに分けることができます。ホエイプロテインとカゼインプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質。ホエイプロテインは吸収が早く、カゼインプロテインは吸収がゆっくりです。どちらも飲みやすいプロテインです。

ソイプロテインは、名前の通り「ソイ=大豆」から作られるプロテインです。ソイプロテインは、やや粉っぽさがあり、ホエイプロテインなどに比べると飲みづらさがあるかもしれません。吸収がゆっくりで腹持ちが良く、ダイエットにも効果的です。また、イソフラボンなど大豆ならではの成分が含まれているのも特徴です。女性向けのダイエット製品にもよく使われます。

AGAプロテインのような薄毛対策のプロテイン製品には、ホエイプロテインとソイプロテイン、両方が混合されている場合が多いようです。

⑵毛髪の原料であるアミノ酸

毛髪の原料がアミノ酸であることは、前にも説明した通りです。毛髪だけでなく、臓器や筋肉、血管、皮膚など、ヒトの体の多くの部分の原料はアミノ酸です。

ただし、タンパク質は20種類のアミノ酸で構成されており、毛髪や筋肉など、体の部位によってアミノ酸の構成は違っています。AGAプロテインは、髪のアミノ酸の構成比率に合わせたプロテインとなっており、特に毛髪に占める割合の高いアミノ酸「シスチン」を重視しています。

なお、体内では、臓器など重要な部位に栄養が優先して運ばれるため、アミノ酸をはじめとしたヒトの体を維持するために必要な栄養が不足すると、毛髪や爪、皮膚のような末端から栄養が不足していきます。毛髪には栄養不足がすぐに表れてしまうのです。

⑶ノコギリヤシ入りのプロテイン?

AGAプロテインには、薄毛対策の成分としてノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、ノコギリのようにふちがギザギザの葉を持つことからその名がついている、北米を中心に分布するヤシの一種です。

ノコギリヤシは、AGAプロテインの他にも、薄毛対策のプロテインやサプリメントなどによく配合されています。その根拠は、AGAの原因となる酵素を抑制する働きがあるというものです。ただし、科学的に十分なデータや認証はまだありません。

もともとノコギリヤシは、原産地では伝統的に男性の滋養強化に使われてきたこともあり、そういったイメージからも薄毛対策に重宝されているのかもしれません。

⑷血流改善成分が配合されている

内側からの薄毛対策に、血流改善は重要です。せっかく毛髪や頭皮に効果的な栄養を摂っても、血流が悪くそれが頭皮まで運ばれなかったら意味がないからです。血流改善を期待してよく配合される成分が、ビタミンE。AGAプロテインにも配合されています。

⑸ビタミンB群

ビタミンB群には、毛髪・頭皮はもちろん、体のさまざまな場所に関わる重要なビタミンが多くあります。AGAプロテインに配合されているビタミンB群で特に注目すべきは、ビタミンB2、ビタミンB6でしょう。ビタミンB2は、皮膚を健やかな状態に保つ他、細胞の再生にも関わっています。ビタミンB6は、細胞の代謝促進に関わるビタミン。どちらも、健康なヘアサイクルに欠かせない成分です。

 

 3、薄毛改善に効果的な食べ物って?

薄毛改善のために内側から体内環境を改善したい。そのために必要な栄養、タンパク質、ビタミン、ミネラル、コラーゲンが豊富な代表的な食べ物を紹介します。

①タンパク質が豊富な食べ物

タンパク質が豊富な食べ物は、当たり前ですが、大豆製品、魚、肉、そして卵や乳製品です。

植物性タンパク質である大豆は、低脂質。良質なタンパク質源として積極的に摂りたいところです。また、イソフラボンなど女性のホルモンバランスを整える成分も含んでいます。

また、同じタンパク質でも、ビタミンB12のように大豆には含まれず、肉や魚にしか含まれない栄養というのも存在します。特に、肉の食べ過ぎは頭皮環境にも良くないので気を付ける必要がありますが、完全に排除するよりは、適量を摂るようにしましょう。

②ビタミンが豊富

人の体のさまざまな働きに関わっているビタミン。特に毛髪や頭皮に関して重要なのが、ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB2、ビタミンB6)、ビタミンC、ビタミンEです。ビタミンA、ビタミンEは頭皮環境を健康に保つために、ビタミンB群は細胞の代謝や再生に、ビタミンEは血行に関わっています。

ビタミンAが多く含まれているのは、レバー。また、緑黄色野菜に含まれるβカロテンという成分は、体内でビタミンAに代わるため、ビタミンAの補給に効果的です。

ビタミンB群のうち、ビタミンB2は、レバーや納豆、葉野菜にもよく含まれています。ビタミンB6は、青魚、鶏肉、果物など。ビタミンCは、野菜だとブロッコリーやピーマンに含まれ、果物にもよく含まれています。ビタミンEは、ナッツ類や緑黄色野菜など。

こう見ると、やはりさまざまな食材をバランスよく摂ることが大事だと分かります。

③ミネラルが豊富

ミネラルも、ビタミンと同様に人の体のさまざまな働きに関わっています。特に薄毛対策で必要なミネラルが、亜鉛です。亜鉛は、タンパク質を構成するために必要な栄養です。これが不足すると、せっかくタンパク質を摂っても髪を作ることができません。

亜鉛が豊富に含まれている食材が、牛肉。動物性タンパク質の摂り過ぎは避けたいところですが、適度にお肉を摂った方が良いのは、この亜鉛が必要というところも大きいです。

④コラーゲンが豊富

コラーゲンというと、お肌に良いイメージがありますが、頭皮環境にとっても重要な働きをする成分です。コラーゲンは、肌の土台となり、新陳代謝を促します。これは、頭皮においても同様。コラーゲンが十分にあることで、頭皮環境が良い状態に保たれ、太くしっかりとした毛髪が成長していきます。

コラーゲンが豊富に含まれる食べ物というと、魚の皮や肉の筋、あとはコラーゲンそのものを食材として見る機会もありますよね。ただ残念なことに、コラーゲンというのはタンパク質で、体内に入るとアミノ酸に分解され、食べたコラーゲンがそのまま体内でコラーゲンとなるわけではないのです。そのため、タンパク質をしっかりと摂っておくことが重要。また、コラーゲンの生成や働きにはビタミンCが関わっているので、ビタミンCを一緒に摂ることも重要です。

 

4、育毛サプリメントって何?

育毛サプリメントは、育毛のために必要な栄養を補うサプリメント。忙しい毎日の中で、前に説明したような、毛髪や頭皮にとって必要な栄養をパーフェクトに摂るのはなかなか難しいものです。そこで、サプリメントによって不足しがちな栄養を補ってあげると効果的。育毛だけでなく、体全体にとっても良いことですが、特に毛髪や頭皮に注目した栄養を補うサプリメントが、育毛サプリメントとして販売されています。

 

5、薄毛改善に効果的なサプリメント

薄毛改善に効果的なサプリメントとしては、次のような成分を配合したものがあります。

①頭皮環境を整える成分

・ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンを作るのに欠かせない成分です。ビタミンCとともにコラーゲンが吸収されることで、健康的な頭皮環境が作られ、薄毛改善につながります。

②髪の毛を補修する成分

・ケラチン

ケラチンは、髪の主成分であるタンパク質で、18種類のアミノ酸から構成されています。ケラチンを構成するアミノ酸の中で特に割合が大きいのが、シスチンです。また、割合は大きくないものの重要なのがメチオニン。これらのアミノ酸を補給することで、髪の毛や頭皮が受けたダメージの補修が正常に進み、薄毛対策にもなります。

・アミノ酸

⑴シスチン

ケラチンを構成するアミノ酸のアミノ酸の中で最も割合の大きいアミノ酸。肌を美しく保ち、エイジングケアの働きがあります。

⑵メチオニン

ケラチンを構成するアミノ酸の中で割合は大きくないのですが、髪の健康を保つために非常に重要な成分。必須アミノ酸であり、体内で合成することができないので、食べ物から補給しなければならないアミノ酸です。

・ミレットエキス

キビの一種から抽出されるエキスで、古くから毛髪の健康のために活用されてきたものです。ケラチンを構成するアミノ酸のうち大きな割合を占めるシスチンを多く含んでいます。

③代謝・細胞の再生を促す成分

薄毛対策として、髪の毛や頭皮に必要な栄養を補給したら、それをきちんと髪の毛や頭皮にするための、細胞の代謝も重要になってきます。そこで必要なのが、亜鉛とビタミンBです。

・亜鉛(亜鉛)

・ビタミンB(ビタミンB)

④脱毛ホルモン(DHT)の発生を抑える成分(脱毛ホルモンDHT)

・イソフラボン(イソフラボン)

・エクオール(エクオール)

⑤毛髪細胞を活性化、血流改善をする成分(毛髪細胞 血流改善)

・ビタミンE(ビタミンE)

・核酸(核酸)

 

6、薄毛に良くない食べ物とは、、?

体内環境を良いものにして薄毛対策になる食べ物や栄養がある一方で、薄毛に良くない食べ物、食生活もあります。内側からの対策を行う際には、薄毛に良いものを摂るだけでなく、薄毛に良くないものを摂らないことも必要です。

①塩分が多いもの

塩分の摂り過ぎは体のさまざまな場所にトラブルを起こしますが、頭皮にとっても例外ではありません。塩分の摂り過ぎが直接的に頭皮に与える影響としては、「IGF-1」という物質の減少があげられます。「IGF-1」は、ヘアサイクルを正常に保つ働きがあるのですが、塩分過多によりこの「IGF-1」が抑制、減少されるという説があるのです。

特に日本人の食生活は塩分の摂り過ぎになりがちですし、外食や弁当、インスタント食品ではさらに塩分の摂取量が多くなってしまいます。薄毛対策のために、そして体全体のためにも、塩分が多いものには気を付けるようにしましょう。なお、塩分の目安量として、厚生労働省では、一日に摂る塩の目標量を、男性(12歳以上)は8.0g、女性(10歳以上)は7.0g未満としています。これを大幅に上回る場合は、明らかに塩分の摂り過ぎなので改善が必要です。

②糖質が高いもの

糖質の摂り過ぎも、塩分と同じく体のさまざまな場所でトラブルを起こし、頭皮や毛髪にとっても悪影響です。血液内の糖質が多くなると、タンパク質が糖化、劣化してしまうという現象も起きます。また、血糖値が高いと血液の流れも悪くなるので、毛髪や頭皮に必要な栄養が届きにくくなることも考えられます。

ただし、糖質の基である炭水化物は、体が働くエネルギー源として大事な栄養でもあります。糖質の摂り過ぎは禁物ですが、必要以上の炭水化物の制限も毛髪や頭皮に良くない影響を与えます。無理なダイエットで抜け毛、薄毛になるという話もあります。やはり、バランスの取れた食事が、内側からの薄毛対策の大前提です。

③動物性脂肪を多く含むの

動物性脂質を摂り過ぎていると、頭皮にも余分な皮脂が多くなり、頭皮環境が悪化してしまいます。また、血流の悪化なども、頭皮にとって良くないことです。ただし、動物性脂質を避けるあまり、動物性タンパク質をまったく摂らないのもおすすめできません。毛髪や頭皮にとって必要な栄養で、植物性のものでは摂り切れない成分もあるからです。

④刺激の強い食べ物

辛いものなどの刺激物は、適量であれば、体の血行を良くして、薄毛対策にも良い影響をもたらします。ただ、刺激物を食べすぎ、必要以上に汗をかくと、毛穴のつまりなど、頭皮に良くない影響も考えられます。何事も適量が一番です。

⑤アルコール

アルコールも適量ならそれほど悪影響はありませんが、過剰なアルコールの摂取は体内環境にとって良くありませんし、薄毛対策にも悪影響です。アルコールを摂りすぎると、肝臓に大きな負荷がかかり、血行不良につながります。また、髪の毛の成長に必要な成分がアルコールの分解に使われてしまい、毛髪や頭皮への栄養不足も招いてしまいます。

 

7、サプリメントの過剰摂取は薄毛の原因だった?

薄毛対策としてサプリメントを活用する際、気を付けたいのが適量を摂ることです。ある種の栄養は、過剰摂取をすると逆に体に良くない影響をもたらしてしまいます。また、その体への負担が薄毛の原因の一つになることも考えられます。

これらの食品は、通常の食事では過剰摂取の心配はありませんが、サプリメントを使用している場合は注意が必要です。過剰摂取を防ぐためにも、サプリメントを選ぶ前に、日頃自分の食事に不足している栄養は何かを確かめておくと良いでしょう。

①ビタミンAとビタミンEの過剰摂取には気を付けて

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、水溶性は過剰摂取した場合も体外に排出されるので良いのですが、脂溶性ビタミンは体に蓄積されてしまいます。

薄毛対策として勧めているビタミンのうち、ビタミンAとビタミンEは脂溶性ビタミンです。 ビタミンAは、βカロテンの状態で摂ると、過剰摂取を避けることができ安心です。

②クロムの過剰摂取にはきを付けよう

亜鉛のサプリメントに一緒に配合されていることが多いのがクロム。クロムは、アメリカでの例ですが、過剰摂取で健康被害が出たとの報告もあり、過剰摂取には注意が必要です。ただ、この例はクロムが高濃度に配合されたサプリメントでの例なので、通常の食事でクロムの過剰摂取になることはまずありません。

③セレンは脱毛の原因だった?

クロムと同様、亜鉛のサプリメントに一緒に配合されていることが多いのがセレン。セレンは体の代謝機能に関わる、体にとって必要な成分ですが、やはり過剰摂取により健康被害が出た報告があり、その一つに脱毛症状があります。セレンは、適量を摂っているうちは、頭皮環境にとって有益な働きをしてくれます。通常の食事で過剰摂取になることはないので、サプリメントを選ぶ際に、高濃度のものがないかだけ注意しましょう。

 

8、若ハゲにこそサプリメントは効果的だった?

若ハゲは、本来ならまだヘアサイクルが乱れるはずのない時期にヘアサイクルが乱れ、薄毛になってしまうこと。思春期以降で、20代~30代前半にかけての薄毛が、特に若ハゲと呼ばれます。

①若ハゲの原因

若ハゲの原因は、男性であればAGAであることが多いようです。また、そこに食事や食生活、ストレスなどが拍車をかけてしまいます。

・AGAは若い時に始まる事もある

AGAというとある程度年齢がいってからの薄毛というイメージがありますが、思春期以降の男性であれば、AGAが原因である可能性があります。男性で、AGAに特徴的な前頭部や頭頂部からの薄毛が気になる場合は特に要注意です。

・食事や生活習慣・ストレスなどの外的要因

食事や生活習慣、ストレスも、若ハゲの外的要因となります。 どれか一つだけが原因で若ハゲになるということはあまりありませんが、これらの要因が複合的に働くと若ハゲになりやすくなりますし、AGAと合わせて薄毛を促進することも多いです。

②若ハゲと栄養不足の関係!?サプリメントと食事で改善可能

病気の早期発見が早期回復につながるように、若ハゲは早期に対策でき、改善も可能です。通常の薄毛よりも頭皮や毛髪へのダメージ蓄積が少ない分、若ハゲの改善は有利です。特に、食生活が乱れている場合は、普段の食事をバランスの良いものに改善し、特に不足している栄養をサプリメントで補うことで、通常の薄毛よりも効果的な改善が期待できます。

 

9、サプリ選びにポイント

毛髪と頭皮の健康のためにはさまざまな栄養が関わっているわけですが、サプリメントで補うとすれば、どのようなサプリメントを選べば良いのでしょうか。

第一に、一番大切なことが、自分に不足している栄養を知り、それを重点的にサプリメントで補助するということです。薄毛対策にはいろいろと流行もありますが、流行よりも自分の状態に合わせることが大切です。

第二に、信頼できる製品を選ぶこと。有名なメーカーのものは何となく安心な気がしますが、名前だけでなく、製品サイトなどをきちんと読み込んで、どういった成分がどれぐらい配合されているのか、効果やその他の影響としてどのようなことが想定されるのか、具体的なところをチェックします。

不明点はそのままにせず、問い合わせましょう。問い合わせの対応でも、信頼性が分かります。

第三に、続けられるものであること。これは、主に価格面です。安すぎるのも不安ですが、薄毛対策はある程度の期間継続することが必要ですので、高すぎて続けられないというのも問題です。気に入った製品であれば、まとめ買いや定期購入をお得に利用できると良いですね。

 

10、薬局やドラックストアで購入可能な育毛サプリの効果とは?

薬局やドラッグストアで育毛サプリを購入する場合は、あらかじめメーカーサイトや口コミサイトなどで、成分や効果、評価を確認することをおすすめします。店頭だけではどうしても情報が限られるので、あまり効果的な成分が含まれていない製品もゼロではありません。また、常に同じ商品が置いているわけではないので、継続的に購入するにはあまり向きません。

薬局やドラッグストアだけで購入可能な育毛サプリは、効果がなかなか信用しにくいというところはあるでしょう。ただ、その場で気軽に買えるというのは薬局やドラッグストアのメリットです。まずは試してみたいという製品で、サンプルやお試しセットがないときなどに、薬局やドラッグストアで購入して試してみるのは良いのではないでしょうか。

 

11、インターネット通販での育毛サプリの効果とは?

インターネット通販で購入可能な育毛サプリのメリットは、なんといっても情報量が多いこと。メーカーサイトもそうですし、インターネット通販に出ているような育毛サプリは、大抵、口コミサイトなどにも情報が豊富です。

ただ、どんな商品でも賛否両論はあるものなので、できれば自分と似た年齢や性別、状態の人の評価や説明を参考にすると良いでしょう。急いでいないのなら、メーカーに直接問い合わせをするのもおすすめです。

インターネット通販で購入できる育毛サプリは、比較的効果を期待しやすいのではないでしょうか。

 

12、女性用の育毛サプリの特徴とは?

育毛サプリには、男性用のものが多いイメージですが、女性用の育毛サプリももちろんあります。基本的な成分は男性用の育毛サプリと共通していますが、女性用の育毛サプリの特徴は、女性ホルモンを整えることに重点を置いていることです。

これは、女性の薄毛の原因として、ホルモンバランスの乱れが大きいからです。女性ホルモンに関連した代表的な成分としては、大豆に含まれるイソフラボンなどがあります。

 

 

育毛に効果的なサプリの選び方は以上のように内容成分をしっかりと確認する事が大切です。

育毛剤の使用、スカルプシャンプーの使用に併用して育毛に良いとされる成分が配合されている食べ物やサプリメントを同時に摂取する事で、薄毛の改善がさらに期待できます。

サプリメントや食事で髪の毛の材料や制作に必要な栄養をしっかりと摂取し、スカルプシャンプーで育毛剤などが浸透しやすい環境を作り、自分の薄毛の種類にあった育毛剤やケアをする事で薄毛は改善できます。

是非一度試してみましょう。

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

ピックアップ記事

  1. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  2. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  3. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  4. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える

関連記事

  1. 薄毛の対策

    薄毛・抜け毛は治るの?正しい抜け毛対策とは?

    抜け毛・薄毛対策として第一にやるべきことは、生活習慣の改善、ヘアケアの…

  2. 薄毛の対策

    頭皮マッサージで薄毛改善

    薄毛や抜け毛など髪の悩みは、男性に多い悩みと思われてきました。しかし、…

  3. 抜け毛予防に効果的な方法まとめ

    薄毛の対策

    抜け毛予防に効果的な方法まとめ

    抜け毛には様々な原因があります。効果的な抜け毛予防をするためには、抜け…

  4. 薄毛の対策

    あなたは大丈夫?!薄毛対策が効果的ではない人

    今はまだ大丈夫だと思っていても、近い将来、薄毛の危険性がある方の特徴…

  5. 薄毛の対策

    薄毛に短髪がよい理由とおすすめの髪型を紹介

    薄毛が気になる方、髪型を短髪にしてみませんか。実は、短髪は見た目の問題…

  6. 薄毛の対策

    薬でできる薄毛対策の効果と副作用

    薄毛対策は市販の育毛剤でも効果的な育毛剤が多く、特に男性用は種類が多い…

PAGE TOP