薄毛の対策

ハゲは予防でどうにかなる?今すぐ始めたい予防法

近頃頭の毛が少なくなってきたかもとお悩みの方は多いのではないでしょうか。遺伝だからといってあきらめてはいませんか?あなたに必要な今できる予防法がきっと見つかります。少し意識を変えるだけで、5年後、10年後の状態に差を感じられるでしょう。あなたの生活習慣などからハゲの原因となる要素を今一度見直し、改善していきましょう。

1、ハゲを予防する事が一番大切です。

ハゲは予防できます。ハゲてしまってからでは遅いのです。予防の方法は大きく4つに分けられ、髪に良い食品、栄養素を摂る事を意識する食事での予防法、睡眠や運動などから生活習慣を変える予防法、入浴時のお手入れで髪への負担を軽減する予防法、育毛剤などを用いたマッサージやヘッドスパなど、頭皮を健康に保つ予防法があります。

2、ハゲてしまってから治すのは気力とお金が大変です

ハゲてきてしまってから元の様に戻すのは大変です。気長に育毛剤を使うとか、とにかく髪に良い生活を続ける以外に方法はありません。また、若くして髪が少なくなってきたという方はAGA専門のクリニックでの治療も検討する必要があります。継続した通院と治療費がかかるため、気力や金銭面での負担が大きくなるため、できるだけ早い対策をおすすめします。

 

3、ハゲの原因とは?

①乱れた生活習慣

毎日の生活の乱れがハゲを招く要因となります。髪の成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足気味の方で最近弱弱しい髪になってきたなと感じたら要注意です。またコレステロールが高い食品ばかりを食べ続けているなど、食生活の乱れは皮脂の分泌が過剰となり、髪によくありません。ビタミンや亜鉛を不足させないよう、普段から食生活を意識しましょう。

 

②ストレス

日頃のストレスも原因となります。ストレスから自律神経のバランスを崩してしまうと血管が収縮し、内臓機能の低下にもつながります。体内に活性酸素が多くなると、毛母細胞へ影響を及ぼしてしまいます。ストレスで影響を受けないよう、発散する工夫や考え方を変えてみるなど、物事への構え方を改めてみましょう。

 

③間違ったヘアケア

髪に良いと思って、刺激の強いシャンプーなどを使っていませんか?洗浄力が強すぎるとかえって皮脂が過剰に分泌されるなど悪影響となります。清潔に保とうと洗いすぎてもよくありません。髪にやさしい成分のものを使うようにし、頭皮を傷つけず丁寧にやさしく洗うようにしましょう。

 

④ホルモンバランスの関係

・男性の場合(AGA)

男性に多いとされるAGAですが、その原因は男性ホルモンのバランスと言われています。男性ホルモンを多く持っている人ほど髪の成長が妨げられ、成長サイクルが短くなってしまうことから薄毛の傾向となっています。思春期から20代に分泌量が多くなり、加齢に伴いバランスを崩す傾向にあるため、早めの対策が必要です。

 

・女性の場合(FAGA)

AGAは男性だけの悩みではありません。脱毛パターンは男性とは異なるものの、女性ホルモンのバランスを崩すことで起こりやすいと言われています。特に更年期世代の女性に多い悩みとなっており、髪のボリュームが減ってきた、髪のハリやコシがなくなりうねりやパサつきが多くなってきたと感じる方は要注意です。

 

⑤病気

健康であり続けるために大切なホルモンバランスは身体のさまざまな生理機能を維持するために大切です。ごくわずかな量ではあるものの、乱れることで抜け毛だけでなく、高血圧やそのほかの生活習慣病の原因となってしまいます。バランスを保てるよう、生活習慣を意識しましょう。

 

4、今すぐできる予防方法12選

①栄養バランスを考えた食事

ハゲを予防するために必要な栄養素といえば、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンD、たんぱく質、ヨウ素、イソフラボン、亜鉛、カプサイシンなどがあげられます。毎日必ずとはいかなくとも、栄養バランスを意識して食事をとることは大切です。時に自分の食習慣を振り返り、不足しがちな栄養素を補いましょう。

 

②充実の睡眠

育毛の為に質の良い睡眠をとれるよう意識しましょう。なかなか睡眠時間が取れないかたも、90分の睡眠サイクルに合わせ、4時間半や6時間など、90分単位での睡眠を確保するようにしましょう。またゴールデンタイムと言われる22時から2時の成長ホルモンが出やすい時間帯に睡眠をとることでより効果を得られます。

 

③有酸素運動で運動不足の解消

運動で汗をかくことを習慣にしましょう。汗で脱毛ホルモンを洗い流せ、頭皮の血行も促進されます。ただし、急な運動で負担となってしまわぬよう、まずは軽いウォーキングなどから始めてみましょう。通勤の一部をウォーキングに変えてみるなど、ちょっとした意識が大切です。

 

④シャンプー

シャンプーが頭皮に合っていない場合も考えられます。刺激が強い物は避け、界面活性剤を含まないタイプのものを選ぶと良いです。シャンプー剤は多く使い過ぎないようにし、頭皮に直接塗り込まないようにしましょう。洗い流しもしっかりと行い、髪を濡れたまま放置しないことも大切です。

 

⑤育毛剤をつかう

育毛剤は抜け毛予防に早い段階から使っておくと効果的です。頭皮の環境を整え、髪が生えやすいよう整えてくれます。今はたくさんの種類の育毛剤があり、お値打ちで高品質なものも多いので、自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。根気よく継続して使用することが大切です。

 

⑥ストレスを溜め込まない

仕事やプライベートでつい抱えてしまうストレスもハゲには大敵です。ストレスを感じている時には血管が収縮し、血圧が上昇するため頭皮の血行も悪くなり、髪によくありません。ストレスのない生活は難しくとも、カラオケやスポーツなど自分なりの発散方法を見つけ、ためこまないよう生活しましょう。

 

⑦お酒はほどほどにする

深酒も注意が必要です。お酒を飲むことでアセトアルデヒドが発生し、過剰な分泌により睡眠の質が悪くなり、身体のビタミンを無駄に消費させてしまうことになります。結果、脱毛ホルモンが増えてしまうことにもつながりますので、お酒はほどほどがよいでしょう。

 

⑧タバコはやめる

喫煙による影響で、男性ホルモンの増加、血行の悪化、頭皮の乾燥などを招きます。髪だけでなく健康にもさまざまな影響を及ぼすため、思い切って禁煙に踏み切ってみませんか。髪のために少しずつでも減らしていきましょう。

 

⑨育毛に効果的な栄養サプリメントを飲む

育毛のためのサプリメントがあります。食事で不足している栄養素を補えれば問題ありませんが、サプリメントを利用して不足しがちな栄養素を効果的にとることでホルモンのバランスを整えることができます。コンビニやネット通販などでも気軽に購入できることから、予防策としてもおすすめです。

 

⑩頭皮マッサージで血行促進をする

頭皮の血行を良くするため、頭皮マッサージもおすすめです。特別な道具も要らず、毎日3~5分程度でよいのでシャンプーのついでにやってみてはいかがでしょうか。ただしマッサージのしすぎはかえってよくありません。やさしく揉みこむイメージで行いましょう。

 

⑪パーマやヘアーカラーはほどほどにする

頭皮の健康を意識するなら、パーマやカラーリングは頻繁に行わないことが望ましいです。頭皮に負担をかけやすく、ホームカラーなどで頭皮に直接薬剤を塗ってしまうなども避けたいものです。品質のよい比較的安全な薬剤を使っている美容室で施術を行ってもらうようにしましょう。

 

⑫紫外線対策をする

頭皮を守るためにも紫外線をたくさん浴びて炎症をおこさないように気を付けましょう。そのために帽子をかぶるなどして、対策をとるようにしましょう。蒸れた状態は細菌が繁殖しやすいため、帽子はあまりきつすぎないものにし、かぶりっぱなしにならないようにするとよいです。

 

5、まずはお手軽にできるシャンプーを変えましょう

①正しいシャンプーの選び方

ハゲを予防するなら、頭皮環境の改善を目的とし、フケや炎症を抑える成分がふくまれた薬用シャンプーや、身体への影響が少ない自然派シャンプーをおすすめします。おすすめはノンシリコンシャンプーのアミノ酸系で、メーカーや販売元、コストパフォーマンスなどで選ぶとよいです。

 

②BUBKAシャンプーは洗いすぎない

ハゲ予防におすすめの「BUBKAスカルプケアシャンプー」は濃密育毛剤シャンプーとも呼ばれています。育毛剤シリーズのシャンプーなので、頭皮のことをよく考えた商品です。余分な油分のみを洗い流しつつもほどよく潤いを残してくれます。漢方植物をメインとした天然成分を多く含んでおり、長く使うことでじわじわと効果を感じられるシャンプーです。

 

6、それでも不安な場合は医薬部外品の育毛剤を使いましょう

①正しい育毛剤の選び方

育毛剤には「医薬品」と「医薬部外品」があります。医薬品は発毛剤とも呼ばれ、今ある髪を育てるだけでなく発毛の効果も認められたものです。医薬品では副作用が出ることもあり、薬剤師などとよく相談の上購入したいです。一方医薬部外品のほうは、髪を育て、発毛を促進する作用をゆるやかに感じられるものとなります。ハゲを予防するといった目的なら、医薬部外品の育毛剤をおすすめします。

本当に効果のある育毛剤の選び方

②BUBKAの新育毛剤 BUBKA ZERO

BUBKAの育毛剤は定期的に進化を続け、2018年5月にもリニューアルしたばかりです。それだけ多くの利用者やリピーターがいるということで、とにかく評判です。利用者満足度も98.1%と高く、30日間全額返金保証もついているので、気になる方はぜひ積極的に利用してみてください。合わせてサプリメントも販売されているので、セット使いもおすすめです。

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

ピックアップ記事

  1. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  2. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  3. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由

関連記事

  1. 良質な睡眠は髪を育てる

    薄毛の対策

    めざせ良質な睡眠!髪は寝て育てる

    慢性的な睡眠不足は、薄毛や抜け毛を増加させる原因になります。髪…

  2. 若はげ対策に有効な4つの方法をご紹介

    薄毛の対策

    若はげ対策に有効な4つの方法をご紹介

    若はげにお悩みの方、若はげへの有効な対策方法をご存知でしょうか?正しい…

  3. 薄毛の対策

    あなたは大丈夫?!薄毛対策が効果的ではない人

    今はまだ大丈夫だと思っていても、近い将来、薄毛の危険性がある方の特徴…

  4. 抜け毛予防に効果的な方法まとめ

    薄毛の対策

    抜け毛予防に効果的な方法まとめ

    抜け毛には様々な原因があります。効果的な抜け毛予防をするためには、抜け…

  5. 薄毛の対策

    頭皮ケアは薄毛予防には効果的

    髪の毛や頭皮、気になっていませんか?最近では沢山の育毛剤がありどれにす…

  6. 薄毛の対策

    頭皮クレンジングは薄毛予防に有効的?

    近頃、頭皮のベタつきや匂いに悩んでいませんか?そんな時は、頭皮をしっか…

PAGE TOP