薄毛の対策

育毛シャンプーの効果と、正しいシャンプーの選び方

髪の毛は男女ともにその人をうつすとても大切な身だしなみです。若い頃は気にならなかった髪の悩みは30代から徐々に現実化していきます。気になり始めたその時が吉日です。ではどんな育毛剤を選べばいいのか、そんな悩みを解消すべく今回紹介したいのが増毛ではなく、頭皮環境を改善するための育毛シャンプーです。

1、育毛シャンプーとは

最初に知っておきたいのが、育毛シャンプーには育毛効果はありません。ここでがっかりした人もいるかもしれません。ですが、育毛シャンプーを使用することで、頭皮の汚れを洗浄し、頭皮や毛髪をすこやかに保つことで頭皮環境を改善し抜け毛を防ぐ効果があります。

2、市販シャンプーとの違いとは

育毛シャンプーと市販シャンプーの違いは目的にあります。市販のシャンプーは髪をサラサラにすることを目的に作られており、髪の汚れを落とす強力な洗浄成分や髪をサラサラにする成分など頭皮にマイナスな要素もあります。育毛シャンプーは髪の生えてくる土台を健全にし、頭皮環境を整えることにより薄毛を解消することができます。

3、育毛シャンプーのメリットデメリット

育毛シャンプーを使用するにあたって知っておきたいのがメリット、デメリットがあるということです。まずはメリットですが、頭皮環境の改善、栄養成分の補給、添加物が含まれていないことです。そしてデメリットですが、一般のシャンプーよりも価格が高い、自分の体質に合った商品を選ぶ必要があるということです。

①メリット

育毛シャンプーに配合される成分は髪や頭皮に低刺激で髪に良い要素を多く配合しております。そして育毛効果を高める効果がある栄養成分が含まれており、健康な髪を実現できるように作られています。さらに頭皮に悪影響を及ぼす添加物が含まれないものが多いため、安心して使用できます。

②デメリット

やはり頭皮に優しい成分を厳選しているため、一般のシャンプーに比べると価格が高い傾向にあります。そして種類も豊富でオイリー肌の人は比較的洗浄力の強いものを、乾燥肌の人は洗浄力の弱いものを選ぶ必要があります。しかしデメリットに比べ育毛シャンプーは薄毛、抜け毛が気になる方にはメリットの方が多いシャンプーと言えます。

4、育毛シャンプーの効果とは

結論から述べると育毛シャンプーに効果はありません。残念に思ったかもしれませんが、育毛シャンプーは頭皮や髪のことを考えて作られたシャンプーの通称です。育毛シャンプーを使うことにより、頭皮環境を改善する効果があります。頭皮環境を整えることで抜け毛対策が期待できるのです。

5、育毛シャンプーの選ぶときのポイント

①洗浄成分で選ぶ

・アミノ酸洗浄成分

強すぎない適度な洗浄力で髪や頭皮をいためることが少なく、また皮脂を落としすぎないため皮膚が乾燥しにくく、潤いを保つこともできます。しかし洗浄力が高くなく、痒みなどの原因を起こさないため、シャンプー前にお湯でしっかりと髪や頭皮の汚れを落としすすぎもしっかりするようにしましょう。

・石油系洗浄成分

洗浄力の強さ、成分の安定性、価格の安さからほぼすべてのシャンプーで使用されています。洗いあがりのスッキリ感が強く泡立ちもいいので短時間で洗うことができます。刺激性が強いため汚れをしっかりと洗い流せますが脱脂力が強く、頭皮の乾燥やかゆみの原因になる場合があります。

・せっけん系洗浄成分

洗浄力がしっかりとしており、皮脂などの脱脂力が強く洗いあがりがすっきりします。天然素材のため環境に優しく比較的安価で購入できます。しかし洗いあがりは髪のごわごわ、キシキシ感が残ります。慣れるまではリンスとの併用をお勧めします。目に入ると強い痛みを伴います。

②頭皮の状態で選ぶ

・乾燥肌

薄毛の原因になる頭皮の乾燥は、保湿力の低下、皮脂分泌力の低下、シャンプーによる皮脂の洗い流し過ぎにより発生します。乾燥肌の人は、アミノ酸系の低刺激なシャンプーを選び、頭皮を保湿ししっかり紫外線、チリ、ホコリ、雑菌からバリアし抜け毛を予防しましょう。

・敏感肌

刺激に敏感な肌質の人は、余計な添加物が入っていない無添加・オーガニック処方のシャンプーを選ぶようにしましょう。刺激の強い添加物があると刺激になりがちです。そしてうるおい成分をしっかり配合したものを選ぶことも大切です。敏感肌の人にも乾燥肌と同様にアミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

・オイリー肌

皮脂はバリア機能にもなりますが量が多すぎると反対に毛穴のつまりを起こし、酸化がはじまり頭皮は菌の温床になってしまいます。そして育毛剤が浸透できないため効果が弱くなります。アミノ酸の育毛シャンプーは洗浄力が強くないため必要な皮脂を残します。使用し続けることでオイリー肌は徐々に改善され、健康な皮膚分泌量に戻ることで抜け毛を防止できます。

・保湿成分が配合されている

頭皮や髪の保湿成分としては、アロマオイル、馬湯、ホホバオイル、オレンジオイル、アルガンオイルなどのオイル系の成分を配合しているものがお勧めです。皮脂を取りすぎてしまうと頭皮の乾燥やバリア機能の低下を招き、痒みやふけなど肌トラブルや抜け毛、薄毛の原因となります。オイル系のシャンプーは保湿効果だけではなく、低刺激で頭皮に優しく外部からの刺激を保護してくれます。

・肌に刺激になる成分を配合していない

一般のシャンプーに多く使用されている高級アルコール系界面活性剤という成分は、洗浄力が非常に高く泡立ちも良いです。その一方で洗浄力が高すぎるため頭皮に必要な皮脂までも奪ってしまい、頭皮を傷つけてしまい薄毛の原因を生じます。これらの洗浄力の強すぎるシャンプーを避けるだけでも頭皮の健康状態はぐっと改善します。

・ノンシリコンシャンプー

髪をコーティングするシリコンが含まれていない為、軽さがでてボリュームアップにつながります。またシリコンでアレルギーを起こす人もいて、そのアレルギーが原因で頭皮の痒みやふけなど頭皮トラブルにつながることもあるので、アレルギーが気になる方はノンシリコンシャンプーがお勧めです。

・育毛有用成分を配合している

育毛シャンプーに入っている有効成分はいくつかありますが、その中のひとつにサリチル酸という成分があります。サリチル酸はニキビの原因となる菌類を抑制して、古くなった角質を溶解する働きがあります。脂溶性のため頭皮の皮脂になじみやすく毛穴に詰まった皮脂や角質を分解する作用があります。

スカルプシャンプーの選び方ポイント9つ

6、毎日使うものなので、続けられる値段のものを選ぶ

一般のシャンプーに比べるとやはり高価に感じる育毛シャンプーですが、自分の体質にあった商品を選び、続けることで日々変化が実感でき充実した毎日を送ることができるはずです。まずは自分の頭皮の体質をしっかり把握して、薄毛、抜け毛の悩みを解消すべく、最初の一歩を踏み出しましょう。

7、育毛シャンプーはこんな人におすすめ

①薄毛抜け毛対策をしたい人

薄毛、抜け毛を予防したい人はまず抜け毛の原因を探しましょう。食生活や飲酒喫煙、ストレス、紫外線など原因はたくさんあります。そして日々こつこつ頭皮を健康な状態にすることで髪の成長サイクルを正常にし、薄毛、抜け毛を予防することができます。自分の体質にあった育毛シャンプーを選ぶことで効果は期待できるでしょう。

②頭皮のかゆみやふけ臭いのトラブルがある人

頭皮に痒みやふけが起こっている状態は、頭皮がトラブルを起こしており薄毛が進行する可能性があります。ということは、逆に痒みやフケの対策を行えば薄毛対策にもなるということです。育毛シャンプーを使用し、しっかり頭皮から洗髪することで痒みやふけのトラブルは軽減できます。

③髪にハリやコシ、ボリュームがほしい人

年を重ねることで見た目に変化が出やすい場所はできればずっとキープしておきたいものです。髪の毛にハリやコシがある人は年相応か実年齢より若く見えることが多いです。そしてなんといっても髪の毛のボリュームはもっと若くみえるポイントです。薄毛や抜け毛が気になる方はまずは頭皮環境を整えてみてはどうでしょうか。

8、正しい洗髪方法で効果を高めるか

①洗髪前にブラシなどで汚れを落とす

シャンプー前のブラッシングはホコリやふけが落ちるので洗浄効果がアップします。そしてからんだ髪のもつれをほぐしてシャンプー時の抜け毛を防ぐ働きもあり毛髪環境を清潔にします。またスタイリング剤もブラッシングすることで皮脂や汚れと一緒に浮かせて落としやすくします。

②シャンプーを付ける前にぬるま湯で予洗いをしっかりとする

予洗いすることによって、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。髪にしっかりと水分を含ませることでシャンプーをする際に発生する摩擦を減らしてくれます。予洗いなしでシャンプーすると薄毛や抜け毛、痒み、ふけなどの頭皮に悪影響を及ぼしかねません。時間は大体1~2分くらいで行うのが良いでしょう。

・手で泡立ててから頭皮につける

頭皮は体の中でも特に敏感な場所です。頭皮に直接シャンプーをつけることは刺激が強く肌にとってあまりよくありません。ムラにもなりやすく頭皮全体に成分がいきわたらないという点もあります。シャンプーの効果を十分に得るには手のひらでしっかり泡立ててから頭皮につけることがポイントです。

④しっかりすすぐ

シャンプーやトリートメントはすすぎ残しがあると地肌トラブルの原因になります。すすぎのポイントは頭皮にシャワーが行き届くように髪を前、中央、後ろの三つに分け、それぞれをしっかり洗い流します。熱すぎないぬるめのお湯(38℃程度)でじっくりと洗い流します。すすぎに必要な時間は3~5分です。

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

ピックアップ記事

  1. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  2. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  3. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由

関連記事

  1. 薄毛の対策

    頭皮の脂、落としすぎに注意!

    毎日しっかりシャンプーしているのに頭皮が脂っぽくベタベタする、臭いが気…

  2. 良質な睡眠は髪を育てる

    薄毛の対策

    めざせ良質な睡眠!髪は寝て育てる

    慢性的な睡眠不足は、薄毛や抜け毛を増加させる原因になります。髪…

  3. 薄毛の対策

    薄毛になったら坊主にした方がいいの?

    髪の毛が薄くなってきてセットしようにもちょっと無理が出てきてしまい、な…

  4. 適切な汗対策で抜け毛を防ぐ!

    薄毛の対策

    適切な汗対策で抜け毛を防ぐ!

    汗が抜け毛の原因に!?大量の汗は頭皮環境を悪化させ、抜け毛の原因になる…

  5. 薄毛の対策

    抜け毛予防はスカルプシャンプーでできる?

    インターネットやドラッグストアで見かけることも多く…

  6. 抜け毛予防に効果的な方法まとめ

    薄毛の対策

    抜け毛予防に効果的な方法まとめ

    抜け毛には様々な原因があります。効果的な抜け毛予防をするためには、抜け…

PAGE TOP