薄毛の対策

薬でできる薄毛対策の効果と副作用

薄毛対策は市販の育毛剤でも効果的な育毛剤が多く、特に男性用は種類が多いので、どの育毛剤を使うのか迷うほどです。育毛剤などの薬剤は、効果がある半面必ずと言っていいほど副作用もあります。安心して使用するためには予め知っておきたいですね。代表的な薄毛対策の薬の効果と副作用、価格や注意したい点等をご紹介します。

1、薄毛は薬で治せるのか?

薄毛の状態は、毛髪が少なくなっている状態です。養毛剤に入っている薬の成分には血流を促進したり、頭皮の血管を拡張して毛髪の元の細胞、毛母細胞の分裂を活発にする成分が入っています。薄毛の原因に合う育毛剤を使うことで、改善が期待できます。それぞれ男性ホルモン女性ホルモン量の違いがあり、適したものを使わなければ効果的とはいえません。

 

2、薄毛の原因とは?

血流に原因があるタイプでは元々頭皮が固い人、運動不足の人、喫煙している人などが特徴的です。毎日睡眠不足の人や規則正しく食事をせず、栄養不足が考えられるタイプの人では、毛髪を育てる栄養素が不足している事が考えられます。

 

3、代表的な薄毛治療薬の効果や副作用

①プロペシア

・効果

プロペシアはAGAと言われる男性型脱毛症に効果的です。変換酵素の5αリダクターの働きを阻害することで、薄毛が進むことを遅らせる作用があります。円形脱毛症などのその他の薄毛や脱毛症には効果がみられません。

・価格

クリニックでの処方では薬代の他に初診料などが必要な場合があります。AGAは自由診療なので価格には幅があります。4000円台から1万円を超えるぐらいのお値段です。安く購入したい人は、個人輸入で購入するとより安くなります。

・副作用

副作用として挙げられるのは、肝機能障害です。新しい薬剤を使用する際は血液検査をするのは一般的なので、そこで副作用の有無を判断します。また、性機能減退症状などが起きた場合は、使用を中止した後、すぐに医師に相談しましょう。

②ロゲイン

・効果

ロゲインは頭皮の血行を良くすることで薄毛対策をする薬です。ミノキシジルという成分は、高血圧用の薬として使用されていましたが、副作用で発毛効果がありました。AGAだけではなく、FAGAにも効果が期待できる薬です。

・価格

ロゲインの価格はあまり差がありません。ただし、ロゲインを扱っているクリニックが全国的に少ないため、通院で処方してもらう方法ができない場合があります。4000円から6000円程度の費用を考えておきましょう。

・副作用

ミノキシジルの配合されている割合が女性用は少ないので、安易に同じ育毛剤を使うことはやめておきましょう。女性用では2%、男性用では5%配合されています。女性は薄い濃度で効果がみられるため、過剰な使用は避けるべきです。

③フィンペシア

・効果

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。インドで製造されていて、製造会社はインド国内でも大手の会社です。ジェネリックなので、フィナステリドという成分が、AGAに効果的に働きます。

・価格

プロペシアの価格の10分の1で購入できることから、個人輸入で購入したいと人気のある薬です。ただ、正規の購入ルートがないため、正規品ではない場合があります。国内のジェネリック品を選ぶ方が賢明でしょう。

・副作用

フィンペシアの副作用は、プロペシアと同様に、肝機能障害、生殖器の障害が挙げられます。いつもと違う症状が出たら、使用を中止し、すぐに医師に相談しましょう。自己判断は絶対にしないことです。

④エフペシア

・効果

エフペシアもフィンペシアと同様に、プロペシアのジェネリック医薬品です。こちらもインドで製造されています。男性のAGAの治療薬として使われています。女性の薄毛には効果がみられませんが、変換酵素の5αリダクターを阻害することで、薄毛に効果がみられます。

・価格

個人輸入でのみ購入ができるエフペシアは、2000円から7000円台と価格帯に幅があります。日本では未承認の薬剤のため、病院や通販サイトからは購入できなくなっています。

・副作用

他のプロペシアのジェネリック医薬品と同様に、性機能減退症状が現れることがあります。1日1錠で効果がある薬なので、結果を急ぐあまり過剰摂取にならないように、注意しましょう。大量に飲めば早く効くわけではありません。

⑤フィナロ

・効果

プロペシアの成分のフィナステリドを主成分にしているので、効果はプロペシアとほぼ同じです。AGAの進行を遅らせる作用があります。5年間の服用で現状維持から軽度改善が約90%です。

・価格

通販サイトで1000円台から購入できる、お財布に優しい薄毛対策の薬です。少し価格が高くても、専門機関での成分鑑定を受けているサイトからの購入が、安心して毎日服用できますね。

・副作用

肝機能障害や性機能減退症状だけでなく、初期には脱毛がみられたという報告があります。育毛の薬で脱毛したなんて、笑えませんね。異常を感じたらすぐに中止することが大切です。その後、医師に相談しましょう。

⑥フィナステリド

・効果

フィナステリドは、プロペシアをはじめ、AGA治療薬に含まれている成分です。プロペシアのジェネリック医薬品には全ての製品に含まれています。男性のAGA治療にはよく使用されています。女性には効果がありません。

・価格

フィナステリドはクリニックで処方してもらっても、自由診療の範囲に含まれていて、価格は一定ではありません。個人輸入などで購入しても、国や製品、製造会社などの違いで1000円台から10000円以上と、価格帯に幅があります。

・副作用

フィナステリドは他の薬と同様、肝機能障害や過敏症などが起こる可能性があります。激しいアナフィラキシーショックなどを起こさないよう、クリニックで診察や検査を受けた上で使用したほうが安心です。

⑦ザガーロ

・効果

ザガーロの主成分はデュタステリドで、プロペシアと同様に変換酵素5αリダクターを阻害します。プロペシアと比較すると、ザガーロの方が強力に作用します。他の薬と併用するとより効果が表れます。

・価格

ザガーロのクリニックでの価格は、8000円から9500円ぐらいの価格です。プロペシアと比較すると、少し高めの値段です。AGA専門のクリニックでも、扱っていないクリニックがあるので、手に入らないことがあります。

・副作用

長期間服用した時の副作用として、生殖器の障害以外に、抑うつ気分や自殺を考えるなどの精神症状が現れた人が1割程度います。腹痛や下痢などの胃腸障害も起こる場合があります。

⑧ミノキシジル配合内服薬

・効果

ミノキシジルはロゲインに配合されている成分です。薄毛を遅らせるのではなく、発毛を促す効果があります。他の薬との併用で効果がより高くなります。育毛剤とは違い、内服薬ならかなりの効果が期待できます。

・価格

1万円前後するクリニックがほとんどです。他のAGA治療薬と併用する場合は、毎月2万円程かかります。自由診療なので、自分の意見も反映されやすい治療方法です。

・副作用

全身の毛が影響を受けてしまって起こる多毛症があります。ミノキシジルは血圧を下げる薬なので、低血圧の人や、血圧の薬を飲んでいる人は、低血圧による体調不良が起こる可能性があります。

⑨PANTOガール

・効果

女性向けの治療薬で、薄毛、細毛、白髪に効果があります。女性は妊娠、出産を経験後、それが原因で薄毛になる人が少なくありません。毛髪のサイクルから、3か月以上の長期の服用期間になります。

・価格

自費診療なので、1か月分は9000円ぐらいです。薄毛の治療に本気で取り組みたいのなら、3か月から効果が期待されるので、3-4万円ほどの出費は覚悟しておきましょう。

・副作用

PANTOガールは毛髪の成分であるケラチンやアミノ酸などが主成分なので、治療薬というよりサプリメントに近い薬です。そのため、ひどい副作用が出にくい薬です。ただし、妊娠中、授乳中や12歳以下の子供の服用はやめた方が無難です。

 

4、どのくらいで効果があらわれるの?

塗るタイプの育毛剤で、発毛を促す成分を含んでいる薬は1-2か月で効果が表れる薬が一般的です。男性の場合は女性とは違い、服用している間は効果が続き、使用をやめてしまうと元に戻ってしまいます。プロペシア系の薬は飲んでいる期間は発毛しやすくなってはいますが、やめると元に戻ります。

 

5、個人輸入は可能だけど危険?

個人輸入で海外から購入する場合、価格は安めですが薬の品質が安定しているのか、添加物に何が入っているのかなど、細部がわからず効果は同じでも大きな副作用が起こってしまった、というトラブルも考えられます。育毛剤は中―長期に渡って使用する薬です。そのため、副作用がなるべく出ない薬を利用しましょう。

 

6、医師の処方で原因にあった薬を服用するようにしましょう

安全性から考えると病院やクリニックでカウンセリングを受けた後、医師による診察や検査を受け、処方してもらう薬が一番です。患者一人一人に合った薬の中からより安全な薬を処方してもらえます。血流が悪い場合や毛根の栄養不足など、薄毛になる原因もタイプが違うので、原因別の薬の処方が可能です。

 

7、副作用が怖い人はまず医薬部外品育毛剤がおすすめ?

医薬部外品は厚生労働省に効果が認められていて、有効成分も決められた量は入っています。ただし、発毛効果はないので、発毛を促したいと考えている人は医薬品の使用が自分の希望に沿った方法です。医薬部外品は薬とは違い、副作用はありません。ただ、体質に合わず、何らかの症状が出る場合があるので、専門医に相談してみましょう。

 

8、副作用がなく肌へのストレスゼロに拘ったBUBKA ZEROとは

副作用は起こしたくないし、頭皮の負担もかけたくないという時は、その両方に配慮しているBUBKA ZEROを一度試してみるといいでしょう。頭皮に優しい成分配合で、しかも頭皮の環境を整える植物成分を配合しています。また、頭皮の刺激になる化学物質は使用しないという徹底した管理から生まれた育毛剤なので、安心して使うことができます。

ハゲは予防でどうにかなる?今すぐ始めたい予防法

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

ピックアップ記事

  1. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  2. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  3. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由

関連記事

  1. 抜け毛 食事

    薄毛の対策

    抜け毛と食事の意外な関係!?

    私たちの健康は摂取した食事の栄養で維持しています。栄養状態が悪…

  2. 薄毛の対策

    男性も女性もできる簡単な抜け毛予防対策17選

    抜け毛が増加してこのまま薄毛になるのではと心配して…

  3. 良質な睡眠は髪を育てる

    薄毛の対策

    めざせ良質な睡眠!髪は寝て育てる

    慢性的な睡眠不足は、薄毛や抜け毛を増加させる原因になります。髪…

  4. 髪の毛 チェック

    薄毛の対策

    髪の健康状態をチェックしましょう

    「あの人最近、髪がヤバいんじゃない?」職場などでよく耳にする会…

  5. 薄毛の対策

    実は大事、頭皮の保湿

    頭がかゆい!洗ってもすぐに臭くなる!フケが出る…、もしひとつでも当て…

  6. 気になるはげの種類と特徴...その対処法

    薄毛の対策

    気になるはげの種類と特徴…その対処法

    はげにもいろいろな種類があり、一時的な抜け毛から、病気が原因のものまで…

PAGE TOP