薄毛の対策

AGA治療の前にできる事対策18選

 

自分の薄毛の原因がAGAではないかと疑っている方、もしくはAGAの治療を開始したいと思っているかた!AGAクリニックに行く前にAGAをしっかりと理解した上で治療を開始するようにしましょう。

1、AGAって何か知っていますか?

薄毛の原因としてよく耳にする「AGA」。男性の薄毛の多くはAGAを主な原因とすることが多いようです。実際にどのような症状が出るのでしょうか。

①AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症のこと。思春期以降の成人男性に見られる薄毛の症状です。特徴としては、前頭部もしくは頭頂部のどちらか、あるいは両方から薄毛が進行します。

「AGAの原因は男性ホルモン」とよく言われますが、男性ホルモンが多いからといってAGAになるわけではありません。

具体的には、AGAは、男性モルモンの「テストステロン」が酵素の「5αリダクターゼ」により「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化、このDHTが受容体と結びつくことにより、髪の成長を止めるシグナルを出すことで起こります。

②FAGAとは

FAGAとは、女性男性型脱毛症のこと。AGAは男性に見られる脱毛症ですが、FAGAは女性に見られる脱毛症です。AGAとは違い、髪全体が薄くなったり、頭頂部から薄毛が広がったりします。

FAGAの原因は、女性ホルモンの乱れです。女性ホルモンのエストロゲンには、髪を成長させる働きがあります。しかし、何らかの原因によりエストロゲンの分泌が減少すると、薄毛につながります。

2、AGAの症状と特徴

AGAの症状と特徴を詳しく見ていきましょう。次のような症状がある場合は、AGAが疑われます。

①抜け毛が増えた

ヒトの髪の毛は健康な状態でも1日100本程度までは抜けるものです。そのため、多少の抜け毛は気にしなくて大丈夫ですが、明らかに抜ける量が増えたという場合は要注意です。

②毛が細くなった

細い髪の毛が増えた、全体的に髪の毛が細くなったという場合、本来のヘアサイクルが乱れている可能性があります。

③毛が柔らかくなった、コシが無くなった

男性は本来、男性ホルモンの働きで、太く硬い髪質になります。それが、髪の毛が柔らかくなったり、コシがなくなったりした場合、健康な髪の毛を成長させるサイクルに異常が生じている可能性があります。

④地肌が目立つようになってきた(髪が立ち上がらない)

⑤①から④の症状ではない場合はAGAではなく以下脱毛症を疑いましょう。

・びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、どちらかというと女性に多い脱毛症です。頭頂部もしくは髪全体に薄毛が見られます。逆にAGAに典型的な前頭部からの薄毛は見られません。

びまん性脱毛症の主な原因は、女性ホルモンの乱れです。その他、内臓疾患や過度のダイエットによりヘアサイクルに乱れが生じ、起こることもあります。

・牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、髪の毛がひっぱられることにより起こる脱毛症。ひっぱられるといっても、一時的、少しひっぱられただけでは髪の毛が抜けることはありませんし、抜けてもその時だけのものです。

しかし、いつも同じ髪型だったり、毎日のブラッシングに力を入れ過ぎたりすることで、頭皮の同じ場所が継続的にひっぱられ、その部分の髪の毛が抜けて部分的な薄毛になることがあります。

・脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂分泌のバランスが崩れ、皮脂過多になることで起こる脱毛症です。抜け毛の他に、頭皮のべたつきやフケなどが症状として表れます。頭皮の炎症、かゆみなども伴います。

原因としては、マラセチアというカビが指摘されています。その他、ストレスや環境が原因で起こることもあるようです。

・円形脱毛症

脱毛症の中でも有名な円形脱毛症。硬貨大の抜け毛が起こるイメージがあるかもしれませんが、もっと広範囲の脱毛が起こることもあります。共通しているのは、急に起こること。

ストレスが原因と言われてきましたが、最近では、免疫の異常が主な原因であると言われています。

3、AGA治療内容って?

AGAの治療には、基本的なものとして、内服薬によるものと外用薬によるものとがあります。

①内服薬の服用

AGAの内服薬としては、いくつかの種類がありますが、日本で主流なのは次の2つです。

・プロペシア

「フィナステリド」というAGA治療の有効成分を含む内服薬です。男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させてしまう、酵素の5αリダクターゼの働きを妨げることにより、抜け毛を防ぎます。

・ザガーロ

比較的新しいAGA治療の内服薬。仕組みとしては、プロペシアと同様ですが、より強い効果が期待できます。

②外用薬の使用

外用薬を使用する場合は、次の成分が含まれた育毛剤を使用することになります。

・ミノキシジル配合外用薬

ミノキシジルは医学的に発毛・育毛効果が証明された成分。具体的には、髪の毛を作る毛母細胞の働きを活発することにより、ダイレクトに発毛・育毛を促します。

ただし、ミノキシジルが配合された育毛剤は限られており、副作用の可能性もあるので、扱いには注意が必要です。

③AGA治療って本当に効果が期待出来るの?

ここまで紹介してきたようなAGA治療は効果が期待できるのでしょうか。100%ではありませんが、効果が期待できる場合は確かにあります。しかし、同時に注意点もあります。

・メリット

内服薬の場合、脱毛になるメカニズムを途中で止めるので、抜け毛を防ぐ、減らすことが期待できます。

外用薬の場合は、より直接的に発毛、健康な髪の毛の成長が期待できます。

・デメリット

内服薬は、抜け毛を防ぎ、減らすことは期待できますが、新たな髪の毛を生やすわけではないので、すでにある薄毛を改善するには、別の治療が必要です。

外用薬は、発毛促進に効果が期待できますが、全ての人に効果があるわけではありません。また、販売されている外用薬の種類が限られています。

内服薬、外用薬いずれも、可能性は低いですが、医薬品ということで副作用が出ることもあります。プロペシアは、服用期間中は輸血や献血ができないという注意点もあります。また、AGA治療なので男性の使用を想定していますが、女性の使用は厳禁。

内服薬に関しては、基本的に、医師の処方が必要です。不明な点、不安な点は医師の説明をきちんと受けましょう。

④HARG治療って?

HARG(ハーグ)治療は、成長因子を含むタンパクAAPEを直接頭皮に注入することにより、髪を作る毛母細胞を活性化させるという治療法。タンパクAAPE以外に、ビタミンやアミノ酸なども注入します。

⑤AGAメソラピー

ビタミンやアミノ酸など、髪の成長をサポートする成分を直接頭皮に注入します。ミノキシジルやフィナステリドなど、抜け毛を防ぐ成分が配合されることもあります。

⑥植毛

薄毛部分に髪の毛を移植することで薄毛をカバーする方法。AGAが起こっていない部位の毛組織を薄毛部分に移植する「自毛植毛」が主流です。AGAを治療するわけではありませんが、薄毛部分をすぐにカバーしたい場合には有効な方法です。ただし、AGAを治療する方法に比べ高額かつリスクが高くなります。

4、自宅でできるAGA対策

治療ではありませんが、次のような対策を行うことで、AGA治療のサポートになります。

①生活習慣の改善

生活習慣は、健康な体作り、健康な髪作りのベースです。次の点を意識しましょう。

・上質な睡眠

睡眠は、頭皮のダメージを回復し、新たな髪の毛を作る大切な時間です。

十分な睡眠時間を確保することはもちろん、睡眠の質を高めることも意識しましょう。具体的には、寝具の清潔さや、寝る前にスマホやPCを見ないこと、就寝直前に食事や飲酒をしないことなどです。

・適度な運動

適度な運動は、血行を促進し、適度な筋肉や身体能力の維持向上など、健康的な体を作るのに役立ちます。体が健康で血行が良い状態だと、必要な栄養が頭皮など体のすみずみまで行き渡りやすくなります。

また、睡眠の質も向上しますし、ストレスの解消にもなります。

・ストレスの解消

ストレスをためこむと、血行不良や自律神経の乱れなどを引き起こします。これらは、頭皮への栄養補給を滞らせ、ヘアサイクルを乱す原因にもなりかねません。体に負荷をかけない、ストレスの解消法を持つようにしましょう。

・禁煙

タバコに含まれる有害物質は、血行不良を引き起こす他、髪の毛の成長に必要な栄養を奪ってしまいます。AGA対策、治療をするなら、禁煙は守りたいところです。

②食生活の改善

いくらAGA治療をしても、髪の毛の成長に必要な栄養が足りていないと、効果を発揮できません。食事はバランスよく、特に髪の毛の成長に必要な栄養を積極的に取りましょう。

・AGA対策に効果的な栄養素を積極的に取る

AGA対策に取りたい栄養は、髪の主成分であるタンパク質と、髪の毛を成長させる働きに関わるビタミン、ミネラル類です。タンパク質は、動物性と植物性をバランス良く取りましょう。ビタミンは、特にビタミンB群やビタミンE、ミネラルは特に亜鉛を取るよう意識しましょう。

・ゴマや納豆を摂取する

ゴマは、ビタミンB群、ビタミンE、そして亜鉛といった、髪の毛の成長に必要な栄養を集中的に含む食品です。また、ゴマに含まれるセサミンという成分は、体全体の健康にも有益な成分です。

納豆は、良質な植物性タンパク質。大豆は、女性ホルモンに似た働きをするため、AGA対策ではありませんが、女性の薄毛対策にもおすすめです。また、大豆そのものよりも発酵食品ということで、栄養価が上がっている点もポイントです。

・AGAに悪影響な成分を避ける

AGAに悪影響な成分としては、過度の脂質や糖分があげられます。また、インスタント食品など合成添加物が多用されている食品も控えた方が良いでしょう。

これらは、すぐに悪影響を与えるというわけではありませんが、体に負荷をかけ、間接的に頭皮の状態にも悪影響を与えます。

・アルコールの過剰摂取は避ける

アルコールを分解するために、ビタミンB1など髪の毛の成長のために大切な栄養が消費されてしまいます。適量を適度な間隔で飲むのであれば良いのですが、過度の飲酒、慢性的な飲酒は避けましょう。

③頭皮ケアの改善

頭皮ケアを改善することで、頭皮の状態を改善することにもなります。

・アミノ酸系のスカルプシャンプーを使用する

シャンプーの中でもアミノ酸系シャンプーは、刺激が少なく、頭皮に優しいシャンプーです。さらに、スカルプシャンプーは、髪の毛よりも頭皮の状態を重視して成分を配合しているシャンプーなので、AGA対策としておすすめです。

・頭皮を優しく洗う

頭皮をきれいにすることは、AGA対策において重要ですが、頭皮を傷つけることはNGです。シャンプーの際は、手のひらで優しく、刺激を与えないように洗いましょう。

・育毛剤を使用する

育毛剤は、発毛効果はありませんが、健康な髪の毛を維持成長させるために役立つ成分が配合されています。すでに外用薬を使用している場合は、医師に相談の上、使用しましょう。

・頭皮マッサージ・ツボ押しを行う

頭皮が凝った血行不良の状態だと、必要な栄養が行き渡らない可能性があります。あくまで優しく、頭皮のマッサージやツボ押しをすることで、頭皮の血行促進につながります。

5、育毛剤の使用でAGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制できる?

AGA治療で紹介したような成分は、医薬品にあたるので、医薬部外品である育毛剤には配合できません。

しかし、育毛剤には、製品ごとにより穏やかな働きのあるさまざまな成分が配合されています。たとえば、グジンエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキスなど。まずは育毛剤で対策を始めてみたいという方は、こういった成分が配合された製品を選ぶと良いでしょう。

17型コラーゲンで薄毛を白髪は改善することができる

 

AGAとは?発症のメカニズムと対策

 

薄毛対策には医薬部外品育毛剤がいいって本当?正しい育毛剤の選び方!

育毛剤 BUBKA ZEROとは?

ピックアップ記事

  1. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  2. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  3. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  4. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開

関連記事

  1. 冬の育毛ケアには頭皮の保湿が重要

    薄毛の対策

    冬の育毛ケアには頭皮の保湿が重要

    効果的な育毛ケアをするためには、頭皮の保湿が欠かせません。特に乾燥する…

  2. 薄毛・抜け毛の対策は日々の食事から

    薄毛の対策

    薄毛・抜け毛の対策は日々の食事から

    薄毛や抜け毛の原因は食生活と関係しています。偏った食生活は薄毛を進行さ…

  3. 薄毛の対策

    薄毛・抜け毛は治るの?正しい抜け毛対策とは?

    抜け毛・薄毛対策として第一にやるべきことは、生活習慣の改善、ヘアケアの…

  4. 気になるはげの種類と特徴...その対処法

    薄毛の対策

    気になるはげの種類と特徴…その対処法

    はげにもいろいろな種類があり、一時的な抜け毛から、病気が原因のものまで…

  5. 薄毛の対策

    乾燥頭皮には化粧水が効果的?

    頭皮の乾燥は、頭皮トラブルの原因となります。頭皮の乾燥は頭皮用の化粧水…

  6. 薄毛の対策

    薬でできる薄毛対策の効果と副作用

    薄毛対策は市販の育毛剤でも効果的な育毛剤が多く、特に男性用は種類が多い…

PAGE TOP